お年玉の意味と由来とは?年齢ごとの金額の相場は?

お正月には色々な美味しい料理が食べられて、冬休みがあって…とたくさん楽しみがありますが、子供たちにとって一番楽しみなのはお年玉ではないでしょうか?

私の子供の時は親戚が集まるお正月はお年玉がもらえるのでとっても楽しみでした。

しかしいつの間にやら、貰う側からあげる側になってしまいました。

そもそもお年玉はどうして渡すような風習となったのでしょうか?

スポンサードリンク

お年玉の由来とは?

今では「お年玉」というと子供たちに上げるお小遣いが主流ですが、もともとはお餅だったんだそうです。

といってもただのお餅をあげるわけではありません。

そもそもお正月というのは、家に年神様をお迎えしておもてなしして送り出すという行事。家にやってきた年神様は新しい年の幸福、そして恵みや魂を分け与えてくれると考えられていました。

その魂を分けて頂くときの依代が鏡餅です。神様が鏡餅に依りつき、そうすると鏡餅に神様の御霊(みたま)が宿ります。この年神様の御霊が宿った鏡餅が、御霊そのものとなりその年の魂となる「年塊」となります。

この年塊とされる餅玉を家長が家族に「御年魂」として分け与えた事がお年玉の始まりと言われています。

お年玉はどうしてお金になったの?

お餅だったお年玉はいつからお金へと変わったのでしょうか?

これにはいくつかの説があるようですが、江戸時代頃には庶民の間でもお年玉というのは浸透していたそうです。この時にはお餅だけではなく品物やお金を渡すこともあり、お餅に限らず、年始の贈り物のことを「お年玉」と称するようにりました。

代々受け継がれていったお年玉ですが、昭和30年代後半の高度成長期頃の都市部を中心とした地域では、お金を渡すというのが主流になっていき現在のお年玉の形になったと言われています。

「お年玉」というのは目上から目下へ渡すもので、家長から家族へ、師匠から弟子へ、主人から使用人へというように渡すものですので、それ以外の場合は「御年賀」などを用います。


お年玉の相場っていくらくらい?

意外と考えてしまうのが年齢に対しての金額。

一体いくらくらいが相場なのかちょっと気になりますよね?

まずいくらあげるか?の前にお子さんが居る方などは、自分の子供がその年齢の時に頂いたかも合わせて考えてみるとよいでしょう。

例えば0歳~3歳の場合などは出産祝いや入学祝いを渡しているかなどでも金額が異なってきますので、その辺も含めて考えましょう。

・0~3歳…出産祝いなどを渡していなければお年玉+出産祝いを一緒に渡す方が無難。出産祝いは血縁関係で異なりますので兄弟なら1~2万円、従兄弟5千円~1万円、友人等は5千円。
既に出産祝いを渡している場合などは千円~2千円。

・1年生~4年生…このくらいの年代では500~3千円の間で、一番多く渡す金額で3千円のようです。
ちなみに出産祝いと同様に小学校への入学祝いを渡していなければ、その分もお年玉の時に渡す方が良いでしょう。

・5・6年生…高学年になると相場もアップし2千円~3千円程を渡す方が最も多く、一番多い金額で5千円。

・中学生…中学1,2,3年生になると小学生とはまた変わり5千円くらいが相場となっています。

・高校生…この辺りになってくると渡す・渡さないの違いが出てきますが、学生であるうちは渡すのが一般的に多いので、親戚同士で渡すのはやめましょうなどと話していない場合は渡します。高校生になるとバイトも始められる年となりますので5千円~1万円程を渡す場合が多いようです。


まとめ

お正月には多くの親戚があ集まることもありますので、親戚同士でいくらくらいあげるのか話し合って金額を決めるのも良いでしょう。

歳を重ねるごとに嬉しくなくなるというのもまた不思議ですが、大人にあるとあげる側になるのでどうしても考えてしまいますよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です