会社の忘年会での服装マナーとは?

年末が近づいてくると会社や取引先の方々との忘年会などが増えてきますよね。ホテルで行う場合など場所も様々ですが、どんな服装で行こうか迷ってしまう事もあります。

今回は忘年会での服装のマナーについて、シーン別に失敗しない服装選びのポイントをまとめています 。

スポンサードリンク

ホテルなどで行う忘年会の服装は?

忘年会がホテルなどで行われる場合には規模が大きく行われることが多く、普段顔を合わせない取引先の方やいろいろな関係の方が出席している可能性もあります。

ホテルなどで行われる場合には事前に服装についての情報があるかと思いますので、そちらに沿うように選びましょう。

ホテルなどですと最低限ドレスコードがありますので、普段着で使うようなデニム類やパーカー生地のアイテムはNGです。普段のスーツスタイルよりもお洒落な装いで、派手すぎずというのがポイントです。



女性の場合
パーティドレスを着ていく必要はありませんが、ワンピース×ジャケットでお出かけコーディネートや、ツーピースなど少しフォーマルな雰囲気などにするようにします。

スカートはロングや短すぎるのは避け、上品なスタイルにしましょう。膝丈くらいがベスト。 パーティーのようなシーンにブーツはマナー違反となりますので、パンプスを履いていきましょう。

アクセサリーは派手にジャラジャラつけるのはNGですが、アクセントとして小物使いをするのならOKです。



男性の場合
男性の場合は基本はスーツになります。

仕事のあとに出席する場合などは、ネクタイを明るい色のものにしたりポケットチーフなどの小物で華やかさをプラスすると良いでしょう。

これだけでだいぶ印象も変わります。 女性と同様にカジュアルなデニムなどは避け、硬すぎないフォーマルな装いが良いです。


これだけは気をつけたい服装マナー

男性はスーツを来ていけばまず間違いはないです。開催場所に合わせてカジュアルダウンした服装で出席する場合には、デニムスタイルやダメージ加工のパンツなど普段着の服装でなく、スラックスなどでオフィスカジュアルの様なスタイルにするのが良いです。

女性の場合ですと色々と悩みがちになると思います。

まず胸元の大きく空いたトップスや短すぎるスカートは、仲間内の忘年会ではないので避けましょう。お酌をしたりと色々と動くこともあると思いますので、このように動きにくい服装は避けます。

靴もロングブーツなどですと座敷だった場合に脱ぎ履きしにくいため、パンプスなどの履くときに時間のかからない靴にしましょう。

TPOを考えた服装選びがポイントとなりますが、明るめの色合いの服装にジャケットなどを羽織ってフォーマルにしたり、カーディガンで少しカジュアルダウンしたりとその場所にあった着こなしをしましょう。

どんな場面でも使いやすいのはワンピースです。膝丈くらいのワンピースにジャケットやカーディガンなどを合わせればフォーマルにもエレガントにも雰囲気を変えることができます。ダークな色よりも場の雰囲気が明るくなる、華やかなパステルカラーなどの色合いが良いです。


忘年会ワンポイント!

もしお酒が飲めなくても、乾杯だけはしましょう。初めからノンアルコールでの乾杯してしまうと場がしらけてしまうなんて事もありえます。お酒が苦手な場合でも乾杯だけして、少し口をつけます。

一滴も飲めないという場合にはお酒に見えるような炭酸の飲み物を注文し、乾杯するというのも一つの手です。

どうしても飲みすぎてしまいそうな方は、お水とお酒を交互に飲むようにしましょう。お酒と同じくらいお水を飲むと酔いにくくなります。


まとめ

会社の仲間同士の忘年会なら羽目を外して楽しみたいところですが、違う部署の人や取引先などと行う場合、普段あまり顔を合わせないような方々が出席する忘年会などではお酒の席では気をつけたい事がたくさんありますね。

やっちゃった…とならないためにも、最低限のマナーを覚えておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です