オフィスでの寒さ対策とは?手足を効果的に温めるには?

オフィスでの寒さ対策とは?手足を効果的に温めるには?

スポンサードリンク

足元の寒さ対策には?

隙間風などで寒い場合に即効性があるのは小型のスポット暖房器具。最近主流になってきているのはUSB給電で使用でききるアイテムなどで、大きさもオフィスで使うのにはちょうど良くすぐに温めることができます。

フットウォーマーなどであればデスクの下でも使用できますし、使わない時にもスペースを取らずに収納できます。


デスクワークの方々はオフィスに一枚は置いているひざ掛けにも、温め機能をつけたものもあります。足元だけでなく膝やもものあたりまで温めてくれるので、女性にとっては嬉しいアイテムですね。

こちらもUSB給電で温かくなるのでオフィスで重宝しそうです。


上記のように温かグッズを持ち込むことが難しいという方には、足裏に貼るホッカイロが使いやすくちょうど良く温めてくれるので良いでしょう。

すぐに外回りに出てしまうからひざ掛けなどは使えない…という方でも、ホッカイロならば貼ったまま出かけることもできますし、靴を履いたままでもつま先などをしっかり温めることができます。

ホッカイロ くつ下用 / ホッカイロ●セール中●★税抜1900円以上で送料無料★ホッカイロ くつ下...

ホッカイロ くつ下用 / ホッカイロ●セール中●★税抜1900円以上で送料無料★ホッカイロ くつ下…
価格:699円(税込、送料別)

スポンサードリンク


体の中から温める寒さ対策!

私自身が冬場のオフィスで体を温める対策として行っているのが、体の温まる飲み物を飲むようにすることです。

基本はデスクワークなので傍らにジンジャーティーなどをお供にし、体の中から温めるようにしています。USB給電のひざ掛けですと私は極度の乾燥肌で痒くなってしまい、合わなかったので中から温めようと行った対策です。


レモンジンジャーの中にはちみつなどを入れて自分が飲みやすいようにアレンジしたり、ブレイクタイムの紅茶に生姜を入れるのでも良いですよ。

ちなみに生姜は生ではなく乾燥させてあるものが良いそうですよ。

そして、実はシナモンにも体を温める効果があるんです。
シナモンは漢方薬として長いあいだ使われていて、体を温める作用があることでも知られています。さらに冬場の乾燥する時期には風邪なども流行りますが、その時に嬉しい効果も!

シナモンとはちみつを混ぜたものを食べると、喉の痛みや感染症などに効果的なんだそう。というのもシナモンには抗菌効果があり、さまざまな種類の細菌の増殖を抑える働きがあるんです。

この抗菌作用が非常に高く、シナモンの樹皮は感染症を抑える効果を持っているので生薬として認知されているほど。喉が痛くなった時や体を温めたいときどちらにも効果をもたらしてくれるシナモンは、冬場のティータイムには必須アイテムになりそうですね。


効果的に温める場所とは?

“足も寒いけど手も冷えてしまう”と末端冷え性で悩んでいる方にとっては、いくつかのアイテムを併用しなければならないのでもっと効果的に手足を温める方法が気になりますよね。

しかし、手や足だけを重点的に温めたところでこの冷えは改善されないんです。

足や手などの末端を効果的に温めたい場合には、血管の多く集まる場所を温めて血流を良くすることがポイント。お腹や腰の真ん中などの太い血管が通っている箇所を温めると、末端までしっかり温まります。

手足の血管が萎縮している事で先まで血液がいかなくなってしまうので、中心部から温めることで血管が開き手や足の先もぽかぽかしてきます。


まとめ

飲み物で体を温める方法や、部分的に体を温める方法ならば今日からでもすぐにできる対策法なので是非試してみてください。

窓際の席だからそんな対策じゃ全然間に合わない!という場合などは、USB給電の暖房器具を使用することをお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です