梅雨時期でも起こる熱中症の原因と症状は?気になる予防方法は?

暑い季節が近づいてくると、心配になる熱中症。

熱中症対策グッズを見かけるようになったり、ニュースなどでも“熱中症”という
言葉をよく聞くようになりますよね。

炎天下の中での仕事や、運動で起こるイメージがありますが
実は梅雨時期でも、熱中症に注意が必要なのをご存知でしたか?

まだ猛暑には程遠いと油断していると、熱中症になってしまう危険性も。

今回は梅雨時期の熱中症の原因と疑うべき症状、予防法のお話しです。

熱中症を引き起こさないためにも、参考にしてみてください。

スポンサードリンク



梅雨時期の熱中症の原因は?

ジメジメとした気候が続く梅雨時期。

まだ猛暑日が続くわけではないのに、熱中症に注意が必要と言われても
なんだかピンときませんよね。

しかし梅雨時期にも、熱中症を引き起こす方が多いそうなんです。

その理由として一番多いのが、私たちの体がまだ暑さに慣れていないことで
熱中症を引き起こしてしまうケースです。

湿度が高く熱が逃げにくい状況で、体内に熱がこもってしまい体温が上昇。
そうすると、体内の水分と塩分のバランスが崩れてしまい熱中症が起こります。

梅雨時期ですとまだ暑い日もまばらで、雨の影響で肌寒い日などもあります。
夏に向けて体が、暑さに慣れようとしている最中。

そんな気候でも湿度は高く、汗が出るほど暑い日もあります。

いきなり暑くなった事により体が慣れておらず、更には水分補給なども
真夏の時期ほど摂取しない事などが重なり、熱中症の原因となってしまうようです。


気になる熱中症の症状とは?

熱中症とはどのような症状が出るのか?

熱中症には軽度の症状から重度の症状まで、さまざまにあります。

軽度な症状ですと、めまい・吐き気・汗が止まらないなどが挙げられますが、この症状の場合
多くの方が自覚症状がない場合が多いようです。

“なんとなく調子が悪いな”と思って過ごしていたら、症状が進んでしまったり
実は熱中症だったなんて事が多いようです。

頭痛・だるさ・吐き気などの症状が出る場合もあり、更に進行すると
痙攣意識障害高体温などの症状が出る事もあります。

重度の症状になる前に、少し調子が悪いと思ったら涼しい所で体を休め、
水分・塩分の補給をするようにしましょう。




熱中症にならない為の予防法は?

なんといってもこまめな水分補給です。

しかし水分を補給するためとは言え、がぶ飲みは禁物です。

一度にたくさんの水分をとると、体内に吸収されず排泄されてしまいます。
更に胃液が薄められてしまい、消化不良を起こす原因となりますので
一気に水分を摂るのは控えたほうが良さそう。

200ml程の水を、起床時・1日の食事の際・入浴前・就寝前などに
わけて摂るようにする事と、ゆっくり噛むように飲むのがポイント。

出かける際はペットボトルを持ち歩くようにし、水分補給が出来るように
しておきましょう。

室内は風通しの良い状態にしておくことや、睡眠をしっかり取ることなど
も大切な予防方法です。

節電だからといって、扇風機やエアコンを我慢せずに温度調節をし
室温が上がりにくい環境を作りましょう。

汗を多くかく環境にいる場合などは、塩分摂取する事も大切です。

夏場になると塩飴なども売られますし、梅干しなども効果的です。

なかでも梅干は、塩分・クエン酸・ミネラルがとれるので
梅干を一粒、間食ついでに食べるのも良いかもしれませんね。

まとめ

私自身も一度熱中症になりましたが、頭痛と倦怠感で動けなくなりました。

自分では水分補給ができているつもりでも、足りていなかった事が
原因だったようです。

一日の中で朝の起床時からこまめに水分をとるようにし、熱中症を引き起こさないように
予防していきたいですね。

お出かけの際は日傘や帽子などを着用し、休憩を取ることもポイントです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です