雪かきスコップの種類と用途とは?塩が効果的なのはなぜ?

普段は雪かきをしないような場所でも、近年では大雪に見舞われ雪かきが必要になったりということがありますね。

いざ“雪かきしないと!”と思ってスコップを買いに行ったものの、種類が多くてどれを買えばいいのか迷ってしまうなんてことありませんか?

雪かき用のスコップにはいくつかの種類があり、雪の質や用途によって選ぶスコップも異なります。スコップを選ぶ際にはどの種類が良いのか参考にしてみてください。

スポンサードリンク

雪かき用スコップの種類と用途

雪かき用スコップには大きく分けて以下の種類があります。

・アルミ製
・鉄製・スチール製
・プラスチック製
・スノーダンプ

それぞれ特徴も異なりますし、雪の種類によって適したスコップも異なってきますのでそれぞれの特徴を見てみましょう。



◆アルミ製スコップ
アルミ製は鉄製に比べると軽くて扱いやすく、錆びにくいので人気があります。軽いという点と少し凍ってしまった雪でもザクザク雪かきできちゃうので、女性などでも扱いやすく1.0kg~1.2kgほどの重さが主流です。

しかし凍っている雪には適していないので、力任せに使うと変形してしまいます。



◆鉄製・スチール製

雪かきに最適【除雪に最適】木柄ハンドルの角型ショベル凍結して固まった硬い雪に最適!【100円...

雪かきに最適【除雪に最適】木柄ハンドルの角型ショベル凍結して固まった硬い雪に最適!【100円…
価格:2,180円(税込、送料込)

スポンサードリンク



スコップの形はアルミニウム製と同じ形ですが、鉄やスチールで出来ているためとても重くなっています。しかし、この重さのおかげで凍った雪や踏み固められた雪でも対応できます。

雪の塊を崩す時には大活躍ですが、スコップが重いため雪をすくい投げるには向いていないスコップです。



◆プラスチック製
とにかく軽いのが特徴で600g~800gほどの軽さで、子供や女性にも扱いやすいスコップ。砕いた雪を処理するには最適ですが、硬い雪などを崩すのには向かずスコップが破損してしまいます。

崩した雪を除雪するときにプラスチック製のもので行うなどの使い分けをするのが良いです。



◆スノーダンプ(ママさんダンプ) 
雪の方なら頻繁に降る地域の方なら知る人も多いスノーダンプ。巨大スコップのような形になっていて、多くの雪を除雪することのできるアイテムです。

道路などの幅広い場所でも一気に除雪できます。



それぞれのスコップには硬い雪に向いていたり、除雪するのに向いていたりとその用途も様々です。男性・女性それぞれに合ったスコップで作業を手分けして行うのが良さそうですね。




塩を使うと効果的?

高速道路などで路面凍結を防ぐために白い粉が撒かれているのを目にしたことがありませんか?

あの白い粉の正体は、実はお塩なんです。

水の状態から氷にならないように凍りにくくしてくれる性質があり、凍結防止にお塩を撒いておくと効果的なのです。ホームセンターなどに行くと融雪用のお塩が販売されていますが、ご家庭で使用しているお塩でも効果があります。

凍らせたくない場所に雪かきをした後にお塩を撒いておけば凍結防止になりますので、玄関先などの雪かき後にはお塩を撒いておくと良いでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

都心部などでは雪かきをする機会も少ないので、雪かきスコップを持っていないご家庭も多いのではないでしょうか。

いつ雪がたくさん降るか分からないのであらかじめ一つくらいは雪かきスコップを用意しておいたほうが良いかもしれませんね。実際に必要になった時にはホームセンターなどで売り切れという状況もあります。

ご家族で使いやすい雪かき用スコップを選んでおきましょう。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です