長寿の年齢と呼び名とは?お祝いの仕方と熨斗の表書きは?

長寿のお祝いには様々な呼び名がありますよね。

例えば60歳なら還暦、70歳なら古希などというようにある年齢の時に合わせた賀寿がありますが、意外と知らない年齢などもありますよね。

今回は賀寿とその由来などについてまとめています。

・長寿のお祝いの一覧と由来
・賀寿のお祝いの仕方とは?
・長寿のお祝いの熨斗と表書きとは?

是非ご家族の長寿のお祝いを皆さんでする際にご参考にしてください。

スポンサードリンク

長寿のお祝いの一覧と由来

年齢に応じた長寿のお祝いと、その呼び名の由来を一覧でまとめています。

◆還暦・下寿 数え年の61歳(満60歳)
・由来:陰陽五行説で十二支と十支の組み合わせが60年で一回りし、元の干支に戻ることから“暦が還る”という意味で『還暦』と呼ばれています。下寿とは長寿を三段階に分けた呼び名(上・中・下)
・色:赤

◆禄寿 66歳(満65歳)
・由来:99、88、77歳の賀寿はあるが、66の賀寿がなかった為2009年に提唱された賀寿。66歳は『禄』の読みが“ろく”となることが由来となっています。
・色:緑

◆古希 70歳(満69歳)
・由来:中国の詩人である杜甫(とほ)の“人生七十年古来稀なり”という詩に由来していて、昔は人生50年と言われていたので70歳まで生きるのが稀だったようです。
・色:紫

◆喜寿 77歳(満76歳)
・由来:『喜』という文字の草書体が“十七”の上に“七”が付いたような文字で、“七十七”に見えることから77歳は喜寿よ呼ばれるよになりました。
・色:紫

◆傘寿・中寿 80歳(満79歳)
・由来:『傘』という文字の略字が“八十”に似ているのが由来。
・色:黄・金茶・金

◆半寿 81歳(満80歳)
・由来:『八十一』という文字を組み合わせると『半』になることから半寿とつけられています。
・色:黄・金茶・金

◆米寿 88歳(満87歳)
・由来:『米』の文字をバラバラにすると“八十八”になることが由来し、末広がりの八が重なることでおめでたいということもありお祝いするようになりました。
・色:黄・金茶・金

◆卒寿 90歳(満89歳)
・由来:『卒』という文字の略字である『卆』をバラすと“九十”になることが由来しています。
・色:白・黄・金茶・金・紫

◆白寿 99歳(89歳)
・由来:『白』という文字に一を加えると『百』になることから、あと一歳で百歳を迎えると意味からきています。
・白

◆紀寿・上寿 100歳(満99歳)
・由来:数え年で100歳のお祝いで、100年=一世紀を表す“紀”が由来となっていて、上寿は長寿を三段階に分けた最も上位の言い方。
・色:百歳を超えると祝いの色はなく、紀寿の場合は白、金など様々な色の説があるようですが『百』が“もも”と呼べることから桃色の品物を用意する方が多いようです。

◆茶寿 108歳(満107歳)
・由来:『茶』の文字をくずすと、“二十”と“八”、“十”と“八”に分かれることが由来となています。
◆皇寿 111歳(満110歳)
・由来:『皇』の文字は“白”と“王”に分かれ、『白』は百から上の横線の一を取ると白になることで99歳を表し、『王』は十とニに分けることができることが由来となっています。
『白』(99歳)と『十』と『ニ』を足して111歳。

賀寿のお祝いのしかたとは?

長寿のお祝いは還暦の60歳の場合のみ必ず数え年の61歳、満60歳でお祝いをします。その他の賀寿では本来は還暦同様に数え年で祝っていましたが、最近では年齢で祝う人が増えているようです。

贈り物だけでなく、家族での食事会や旅行などへ行き、そこでお祝いするなど様々なお祝いの仕方があります。賀寿を迎える方と相談してどんなお祝いにするのかを決めるのも良いかもしれません。

還暦では“赤いちゃんちゃんこを”というのが一般的ですが、現代では赤い色で実用的なものを贈るというのが増えてきています。普段から使えるものですと、日頃から気軽に使ってもらえるので贈る側にとっても贈られる側にとっても嬉しいですよね。




長寿のお祝いの表書きは?

賀寿のお祝いの熨斗や熨斗袋の表書きについてですが、それぞれの賀寿を書き記します。

還暦の場合であば『祝還暦』、古希ならば『祝古希』など応じた名称に『祝』や『御祝』などをつけます。水引は白赤、金銀の蝶結びを使用します。

表書きの下の段にはフルネームを書きますが、夫婦や兄弟・姉妹の場合は連盟にし、何人もいる場合には『子供一同』や『孫一同』などのように書きます。


まとめ

賀寿のたびに皆にお祝いをしてもらえると、ここまで健康で長生きできてよかったととても感謝しちゃいますね。

実際に自分が賀寿を迎えるのはまだまだですが、自分の子供や孫にお祝いしてもらえるのかもと思うと、やはり長生きしたいななんて思ってしまいます。

我が家では還暦や米寿といった節目に近親者で旅行に行き、お祝いをしました。こういった機会でないと皆揃って旅行というのもなかなか行けないので、ちょこっと足を伸ばして旅行に行くのも良いですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です