サージカルマスクとN95マスクとは?違いとマスク選びのポイント。

最近は様々な種類のマスクが販売されていて、どのマスクを買えばいいのか悩んでしまうくらいですね。

販売コーナーに行くと「サージカルマスク」とか「N95マスク」とか色々なマスクの種類が目に飛び込んできます。そもそもサージカルマスクや不織布マスクってどのような違いがあるのでしょうか?

今回はこれからのマスク選びに役立てたいポイントをまとめています。

・サージカルマスクとN95マスクって何?
・N95マスクとサージカルマスクの違いとは?
・マスクの選び方のポイント。

スポンサードリンク

サージカルマスクとN95マスクって何?

サージカルマスクはもともと外科用に使用されていたマスクで、不織布でできているマスクのことです。サージカルとは「surgical=外科用の」という意味。

本来のサージカルマスクは微粒子濾過効率と細菌濾過効率の一定の基準をクリアしたものをいうのですが、市販で販売されているものの中にはあまり関係なく不織布マスクの事をサージカルマスクと呼んでいる事が多いようです。

一方N95マスクは、サージカルマスクの中でも高性能フィルターをつけたもの。米国労働安全衛生研究所の規格をクリアし認可を受けた微粒子侵入防止マスクのことで、インフルエンザウィルスなどの侵入を防ぐことが出来るマスクです。

もともとは作業現場などの飛沫防護用に用いられていたのですが、空気感染にも有効な防護機能があったため医療用にも使われるようになりました。


サージカルマスクとN95マスクの違いとは?

ではサージカルマスクとN95マスクとはどのような違いがあるのでしょうか?

フィルター濾過という点ではあまり違いが無いように思いますが、それぞれには異なる特徴があります。サージカルマスクは装着した時にどうしても隙間が出来てしまうので、自分に対して飛沫を吸い込まないように防ぐには限界があります。

一方でN95マスクはサージカルマスクよりも規格が厳しく、医療従事者が患者さんからの飛沫や細菌を吸い込まないようフィット性に優れていて、感染症予防に適しているマスクとなります。

◆サージカルマスク…他人にうつさないため、飛沫を飛ばさないために使用

◆N95マスク…飛沫・細菌を吸い込まないために使用

それぞれ特徴とする部分が異なりますので用途に合わせて使い分け、他人にうつさないようにサージカルマスクを、他人からうつされないためにN95マスクを使用するなどといった使いわけも一つのポイントです。

しかしN95マスクはフィット性に優れており顔の凹凸にぴったりとくっつくのが特徴で、密閉性も高いマスクです。長時間つけていると息苦しくなるためN95マスクの日常生活での装着はあまり推奨されていないようです。

マスク選びのポイント。

N95マスクは長時間使用する日常生活での使用は、あまり適していないけどウィルスの感染は出来るだけ防ぎたいですよね。

そこで普段から使用しやすいサージカルマスクを選ぶ際に気をつけたいポイントをまとめてみます。



◆使用用途に合わせて選ぶ

インフルエンザ対策ならPFE(微粒子濾過効率)の高いもの、花粉症対策ならBFE(細菌濾過効率)の高いものなどのように、用途によって適した機能のマスクを選びます。



◆ノーズピースのある物を選ぶ

鼻の形にフィットするようにノーズピースの入っているものを選び、装着する時には隙間ができないように鼻の形にしっかり合わせて装着します。



◆顔にフィットするサイズの合ったもの

ひだをしっかりと伸ばし顎の下まで覆えるサイズで、顔にフィットするもの。どんなに高性能マスクでもサイズが合わず隙間が出来てしまっては効果を得る頃ができません。


まとめ

乾燥する季節になると風邪やインフルエンザが流行りますので、マスクの装着は重要となってきます。用途に合わせたマスクを自分の顔にフィットするサイズのものを選び、正しい装着方法で防ぎましょう。

効果的に使用することでインフルエンザや風邪などのウィルスから守り、この冬は健康に過ごしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です