七五三のお祝いの相場は?表書きの書き方と贈る時期。

11月に入ると七五三に向けて慌ただしく準備するご家庭も増えてくるのではないでしょうか?

七五三は無事に成長できたことに感謝をし、これからの成長に向けて健やかに育つよう厄払いをするという意味で行われる行事です。親御さんはもちろんのこと、おじいちゃんやおばあちゃんからしても嬉しい行事ですよね。

今回は身内で七五三を迎えるお子さんがいる場合の疑問をまとめています。

・七五さんのお祝いの相場とは?
・表書きとのし袋は?
・贈る時期はいつ?

親戚の子供や知り合いのお子さんなど、周りに七五三を迎えるお子さんが居る場合に知っておきたい事をお話します。

スポンサードリンク

七五さんのお祝いの相場とは?

一般的には七五三でのお祝いは、祖父母などの近親者からお祝い金を贈ります。

しかし自分の子供の時にお祝いしてもらったから…という理由や、普段から親しくしている方のお子さんに、などという場合でもお祝いとして贈る場合もあります。

気になる相場は…

◆近所・知人 3,000円~5,000円
◆親戚    5,000円~10,000円
◆祖父母   10,000円~数万円

祖父母の場合ですが、晴れ着などの品物を贈る場合や費用を負担する場合などもあります。お祝い金として費用を現金で渡すというのも最近では多いようです。

お祝いの品を贈る場合には当日の晴れ着姿に合わせる小物や、お子さんの希望のものを聞いておいて贈る場合などが多いようです。ギフト券や現金を包み渡しても構わないそうですので、悩んでしまったらギフト券などで好きなものを購入して頂くというのも良いですね。


七五三の表書きとのしは?

七五三の場合の水引は赤白の蝶結びを使用しましょう。

表書きですが、どの年齢でも共通して使用することができるのは『祝七五三』や『七五三御祝』の二つです。

熨斗 七五三 2

三歳の子供に贈るときは『賀御髪置』、五歳の男の子は『祝御袴着』、七歳の女の子は『賀御帯解』と書きます。

熨斗 七五三




贈る時期はいつごろ?

七五三のお祝いは11月はじめころから、当日の11月15日までに渡すようにしましょう。あらかじめ当日までに会う約束がある場合などは、その時に渡すのが良いでしょう。

遠方に住んでいる親戚の場合や、なかなか会う機会がない場合などは、少し遅れて時期がずれてしまってもさして問題はありません。

お子さんやそのご家族に対してのお祝いの気持ちですので、遅れた場合でもお祝いしてもらうのは嬉しいことです。少し遅れてしまったけど…と一言添えてお祝いしてあげましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

近親者のお子さんや知人のお子さんが七五三を迎える際には、是非参考にしてみてくださいね。

私は可愛い姪っ子の七五三は親でなくとも、とっても楽しみにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です