レザージャケットのお手入れ方法と保管方法とは?

春・秋・冬と大活躍するレザーのジャケットやスカート、パンツなどのレザー製品。ライダースなどは長い期間愛用する方が多いのではないでしょうか?

革の風合いなども出てきてさらに愛着の湧く逸品となると思います。

そんなレザージャケットのお手入れってどうしたらいいのでしょうか?今回は気になるレザージャケットのお手入れ方法をまとめています。

・レザージャケットのお手入れ方法とは?
・日常的なお手入れとは?
・夏場の保管はどうすればいいの?

お気に入りのライダースを長く愛用するためにも、ちょっとしたお手入れで長持ちさせられますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

レザージャケットのお手入れ方法とは?

万が一レザージャケットが汚れてしまった…という時には汚れの種類に応じて対処します。例えば泥などの場合はしっかり絞った濡れタオルで優しく拭き落としていきます。泥汚れが落ちたら乾いたタオルで乾拭きすればOKです。

油性の汚れが付いてしまった場合は専用オイルで落としていきます。最初に柔らかい布で乾拭きしてから保革油を汚れ部分に馴染ませてから乾いた布で拭き取ります。

小さな汚れなどであれば専用ブラシとクリームで落とすことができますし、表面に付着した汚れ等も同様の物で落としていくことができます。

ユニクリーム/汚れ落とし/革ジャン/レザージャケット/レザーコート/簡単手入れ/本革/お手入れセット/楽天/通販/価格/おすすめ/正規品/レザー 手入れ/革手入れ/ライダース/レザーケア【あす楽対応/甲信越/関東/北陸/東海/関西/中国/四国/九州】

ユニクリーム/汚れ落とし【あす楽対応】
価格:972円(税込、送料別)

スポンサードリンク

そして突然の雨などでライダースが濡れてしまった場合には、乾いた布でしっかり水分を拭き取りましょう。そのままにしておくとカビの原因にもなりかねません。ゴシゴシ擦ったりせずにポンポンと軽く叩きながら水分を拭き取り、陰干しをして乾かしていきます。

乾ききる前にオイルを塗って革に油分を補給してあげましょう。しっかり乾いたあとには余分なオイルを拭き取ります。

ここまでは汚れ等のお手入れ方法をご紹介してきましたが、日頃からやるべきお手入れとはどうしたらいいのでしょうか?大切なレザージャケットを長く着るためには日常的に着た後のお手入れが重要となってきます。

日常のお手入れはどうすればいいの?

まず買ったばかりの際にはレザー専用の防水スプレーを吹きかけてしっかり防水保護をしておきましょう。突然の雨はもちろん食べこぼしなどからもレザーを守ってくれますので、専用防水スプレーは必須アイテムです。


そして着用し続けているレザーは週に一度ほど、柔らかい馬毛ブラシや柔らかい布でのお手入れをします。乾いた布で乾拭きすることで革の油分が染み出し光沢が出てきますので、柔らかい布でなでるように優しく拭いてあげましょう。

このお手入れを週に一度しておくだけでも全然違ってきますよ。革はとてもデリケートな素材ですので日頃のお手入れがポイントとなるわけですね。

長いあいだ愛用して革が乾燥してきた…と気になる場合は革専用の保湿クリームがありますので、塗って栄養を与えてあげましょう。


夏場の保管はどうすればいいの?

オフシーズンになった時の保管方法ですが、まず保管前にしっかりお手入れをして汚れが残っていないか確認します。汚れがついたままになっていると変色やカビの原因となってしまい、次に着ようと見てみるとカビがついていた…なんてことになりかねません。

汚れをしっかり落としたあとはレザークリームなどを塗り清潔に保管しておく準備をします。

そして収納しておく場所ですが、ジメジメとした湿気の多いとろこに保管しておくのが厳禁です。加えて直射日光・蛍光灯の光が差し込む場所も退色の原因となりますので避けましょう。

風通しの良いの良い場所で日陰となるところでの保管をします。

ビニールカバーなどは必ず外してから保管しないとカビの原因となりますので、クリーニングに出した後などは必ずはずしてから保管します。

保管の際には長い間ハンガーにかけて保管しておくことになりますので、柔らかい革で跡がつきやすい場合などはハンガーにタオルを巻きつけてからレザーをかけてあげましょう。ハンガーも肩幅にしっかりあった物で太めの物を選び、整形にも気をつけます。

このように保管をしておくことでまた次のシーズンにもレザージャケットが大活躍してくれますよ。


まとめ

私自身もいくつかレザージャケットを所持していますが、やはりお気に入りのレザージャケットはまた来年も、再来年も着たいなと思います。普段着用した後や、こまめにお手入れすることで長く愛用できるアイテムですので、大切にケアしてあげたいなと思います。

ちょっと手間をかけてあげるだけで一生もののジャケットとして持っておくこともできますので、お気に入りのレザージャケットがある場合は是非お手入れをしてあげてみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です