お歳暮はいつまでに送るの?気になるお歳暮マナーとは。

秋も過ぎ年末に近づいて来るとデパートではお歳暮コーナーのディスプレイが目立ってきますね。

お中元と同様にお歳暮はいつごろまでに贈るべきなのか?時期を過ぎたらどうすればいいのか?などお歳暮に関するマナーをまとめています。

スポンサードリンク

お歳暮の時期のマナーとは?

もともと『お歳暮』という言葉は年の暮れを表す言葉でした。毎年、年の暮れに一年間お世話になった人に贈り物を持参して挨拶をしてまわる習慣があり、それを歳暮周りと呼んでいたことがはじまりです。

今では形が変わり持参して手渡しすることが難しい事から、お店から直接配送するケースがほとんどですが、本来は手渡しするというのが礼儀です。

一年間お世話になった方々へ贈るお歳暮ですが、では贈る時期はいつ頃なのでしょうか?

この時期については地域で少し異なってきます。例えば関東近辺と関西近辺ではお中元の時期が異なるのと同様でお歳暮の時期も異なります。

◆関東近辺…12月初旬~12月20日
◆関西近辺…12月13日~12月20日

お歳暮の時期には年末が重なり新年の準備などもありますから、何かと忙しい時期となります。受け取る側の事を考えると末頃の慌ただしい時期に届くよりも、早めの時期に届く方が良いかもしれませんね。


お歳暮の時期が過ぎた場合は?

どうしても間に合わずにお歳暮の時期が過ぎてしまった…。という場合や、相手のお家に不幸があり時期をずらして贈りたいという場合などの表書きはどうすればいいのでしょうか?

お歳暮の時期が過ぎてしまった場合には、時期に応じた表書きに変えて贈りましょう。

12月20日~年内の間であれば表書きをお歳暮ではなく『寒中御見舞い』や『寒中御伺』として贈ります。

それ以降に贈りたい場合は、関東では1月1日の元旦から1月7日の松の内までに、関西では15日までに『お年賀』として届くように贈りましょう。新年の挨拶として贈る場合には喪中のお宅には使いませんので注意しましょう。

松の内を過ぎて贈る場合には2月4日の立春までは、表書きを『寒中見舞い』や『寒中御伺い』として贈ります。

贈る際にはいつごろの到着かによって表書きを変えるのが好ましいと思いますので、到着の時期によって参考にしてみてください。


お歳暮の相場と贈り物の選び方は?

一般的にお歳暮の相場は3,000円~5,000円程となっていて、お中元に比べると1,000円程割高になっています。しかしお世話なっている度合いによってその値段も前後してきますし、とてもお世話になっている方には1万円程の商品を選ぶ方なども多いようです。

お中元からの半年間、もしくは今年一年間お世話になった感謝の気持ちとなりますので、相手との関係性によっておのずと値段が異なってくると思います。

贈る商品についてですが、年末や新年の事を踏まえて冬に美味しい食べ物を選ぶのも良いですし、お正月のおせち料理に使われる伝統的な食材である数の子などを選ぶのも好ましいですね。

他には酒類や酒の肴、小さなお子様がいるご家庭などではお菓子などが喜ばれるようです。贈る相手の家族構成や好みのものを把握しておくと選びやすくなります。

どうしても家族構成や好みがわからない場合には保存のきく物など無難な商品を選びますが、冬なので温まる入浴剤のような季節に合わせたものも良いでしょう。


まとめ

先方だけでなくこの時期になると自分達も忙しくなる時期ですので、少し早めに準備しておくというのもポイントです。

最近ではお歳暮を贈り始める時期が早まっているそうで、11月の末から準備する方々も増えてきているようですよ。11月末頃であれば売り場も比較的空いていますし、選ぶのにもゆっくり考えることができます。

今年は少し早めに準備してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です