洗濯機からするニオイの原因とは?どうしたらなくなるの?

ジメジメとした時期になってくると気になるのが、部屋の臭いや水回りの臭いなど『臭い』に関する事。

今回は実際に私が体験した事をもとにお話させて頂きます。

『洗濯機から漂う臭いについて』です。

(# ゚Д゚)<洗濯槽の掃除ちゃんとしないさいよ!

と、思われる方もいらっしゃると思いますが、実際に私も洗濯槽のお掃除を2ヶ月程していなかったのでそれが原因かと思い洗濯槽カビキラーをしました。

終わった直後は臭もなくなり一安心だったのですが、次の日仕事から帰宅すると何やらまた変な臭いが・・・。洗濯槽のせいではなかったんです。

では何が原因だったのでしょうか?

スポンサードリンク

原因が何かをチェック!

そもそもどんな臭いがしたのか?という所ですが、下水とまではいきませんがそれに似たような臭いが洗濯機の周辺から臭いだしたのが始まり。原因は何か気になり臭をたどると洗濯機の周辺からにおいがしていて、洗濯機に顔を入れて嗅いだ時に『これだ!!』と洗濯機が犯人だと決めつけていました。

洗濯機は玄関のすぐ横に設置されているのですが、そこは部屋とはドアで遮断されていますので空気がモワッとしている感じなので、湿気などの条件が揃うことで洗濯槽もカビなどが起きやすく汚れやすいのかな?と考えていました。

まず私は臭いの元を辿りましたが、その後洗濯機を空の状態で回してみました。というのも、洗濯後にはその臭いが消えているかを知るためです。

もし洗濯槽の問題なら洗濯機を回した後も臭いが残るはず…と考えてスイッチをON。しかし洗濯後は臭いがなく、無臭で洗濯機周辺からも臭がしなくなったのです。

これでもし臭いがするのであれば排水管自体の問題などが浮上してくると思ったのですが、それはなかった為何が原因かその時は分からずじまいでした。再び臭いが気になってくるのはその後かなりの時間が経ってからになるので、洗濯が終わった後は次の日まで全く気になりませんでした。

私の状況は以下のような状況でした。

・洗濯機周辺から臭いがする
・洗濯槽の中にも臭いが広がっている
・洗濯物は臭いが移らない
・洗濯後の臭はしない

洗濯機は常に蓋を開けた状態で、中に湿気がこもらないようにしています。洗濯自体もわりとこまめにしますし、洗濯槽の掃除も1,2ヶ月に一回はするようにしています。


洗濯機からするニオイの原因とは?



先ほどの事を踏まえてまず私はすぐさま洗濯槽のお掃除をしました。

ですが、その直後は良かったものの次の日には元通りの臭いが。これはおかしいと思い色々試してみて原因が判明致しました。

マンションタイプではよくあるようですが、洗濯機の排水管から上がってくる臭いが原因でした。下水から空気などが上がってこないよう、普段はパイプの曲がっている部分に水が溜まるようなのですが、その水が干上がってしまうと空気が上がってきてしまい臭いがするとの事。

確かにしがない一人暮らしですと普段はシャワー以外には水を流す機会があまりありませんので、そうするとパイプの中で蓋をする役目の水が溜まった状態にならず臭いが上がってきてしまうんだそう。

私の場合は非常に解決しやすい原因でしたが、中には排水管の洗浄をしないと臭いが無くならない場合などもあるようです。


日常的に出来る対策法は?

マンションの生活用水の流れるパイプはどこかで一つに繋がっているんだそうですが、キッチン、洗濯の排水、洗面所などは一つにまとまるそうで、そこのパイプに蓋の役目をする水が溜まるはずなんだそう。

水を流さない時間が長く続くと蓋の役目の水が無くなってしまうから、臭いが下から上がってきてしまうということだったので、帰宅してからキッチン、洗面所の水を流すようにしています。

この時勢いよく流してしまうとパイプ部分に水が溜まらず流れてしまうので、チョロチョロくらいで流します。まずは臭いが消えるまで流し臭いが消えたら水道を止め完了。

これをするようにしてから洗濯機から漂う臭はしなくなりました。

しかしやはり帰宅すると温かい空気と蓋の役割の水がなくなった事で臭がしてしまう事がありますが、意識的に水を流すようにしてからはほとんどなくなりました。この現象は夏の時期になってから起き、冬のあいだは全く気になりませんでした。

もし下水の臭いがするわと思ったら方がいましたら、是非試してみてください。


まとめ

最近のマンションは機密性も高まり便利な反面、様々な問題が浮上していますね。

換気が上手くできなかったりもしますので、換気扇の使用や窓を開けての換気もこまめに行わないと室内の空気がこもりがちになってしまいます。

今回は自身の体験をもとにお話させて頂きましたが、私なりの解決法となりますのでどうしても臭いが消えないなどの場合は管理会社の方にお伺いするのをお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です