浴室のピンク汚れの正体は?落とし方と予防方法とは?

皆さんはお風呂でピンク色の汚れを目にしたことはありますでしょうか?

排水口まわりや角の部分、隅っこなどによく出現するアレ。

ゴシゴシこするとわりと簡単に取ることのできるあいつは一体何なのでしょうか?今回は浴室のピンク汚れについてまとめています。

スポンサードリンク

ピンク色の汚れの正体とは?

お風呂場に出現するピンク色の汚れの正体は、カビの一種なんだそう。

お風呂場のお掃除や換気をおこたるとあのピンク汚れは出現するんだそう。あのピンク色のカビは黒い色のカビと同じ仲間ですが、『ロドトルラ』という赤色酵母菌です。

このロドトルラはカビに比べると繁殖スピードがとても早く、なんと黒カビの10倍のスピードで繁殖していくんだそう。

確かにお掃除したはずなのにいつの間にかピンク色が浮かび上がっている時ってありますよね。

そしてこのロドトルラの厄介な所は、気温が上昇し水分があるところならば繁殖していくという性質があるので季節に限らず繁殖しやすいという点です。そしてお風呂場には垢や皮脂などの栄養素が取り切れていない場合があります。そうするとそれが餌となるので、尚更繁殖していくわけです。


赤カビはどうやって落とすの?

このカビは意外にも簡単に落とすことができますが、お風呂場用の洗浄洗剤ではなくカビ取り用洗剤で取り除きましょう。

いくら黒カビとは異なり落ちやすいといっても菌に違いはありません。カビ取り用洗剤をかけておき、たわしやスポンジでこすればすぐに落とすことができます。

一度掃除をしても換気とお掃除を怠るとすぐにまた発生してしまいます。日頃からできる赤カビ対策法をご紹介致しますので是非参考にしてみてください。


赤カビ対策方法とは?

そもそも水分があり、湿気があるという条件で繁殖しやすくなりますのでお風呂を出るときには浴槽、床、壁を45度以上のお湯で洗い流し、軽く水分を拭き取るようにすれば発生を防ぐことができます。

赤カビは45度以上のお湯で不活性化しますので、洗い流すお湯の温度は45度以上にし、石鹸カスや垢などが残らないようにしっかり洗い流すと良いです。

お風呂から出た時には必ず換気扇を回し、浴室は常に換気している状態を心がけましょう。

何度も同じところにどうしても赤カビが出現してしまう!という場合には、酢水を吹き付けておきましょう。お風呂上がりに換気と同時に酢水を吹きかけるようにすると、赤カビ発生の防止策となります。

根こそぎ原因を断つなら重曹沸騰水を使います。1リットルの沸騰したお湯に対し重曹は70~80gを少しずつ加えます。するとお湯の中で重曹が化学反応を起こし発泡しますが、徐々に発泡が小さくなっていきます。大きな発泡が終わったら完成。

熱を冷ましたあとにスプレータイプのボトルに移して使います。

お風呂上がりにこの重曹沸騰水を浴室にまき、その後水で洗い流します。重曹は酸性の汚れをアルカリ性に中和してくれる効果がります。垢やタンパク質などに付着した赤カビには効果的なので是非試してみてください。




まとめ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です