重陽の節句の由来と菊の意味とは?どのように過ごすの?

皆さんは重陽(ちょうよう)の節句とはご存知でしょうか?

重陽とは五節句のうちの一つで、五節句とは江戸時代に定められた五つの式日のことを言います。(式日とは現代でいう祝日のことです)

・1月7日 人日の節句(七草粥)
・3月3日 上巴の節句(ひな祭り)
・5月5日 端午の節句
・7月7日 七夕の節句
・9月9日 重陽の節句

このように五つの節句がある中でも、一番最後にむかえる9月9日の節句が重陽の節句なのです。

今回は重陽の節句について。

・重陽の節句の由来とは?
・菊にはどんな意味があるの?
・重陽の節句の過ごし方とは?

今よりも随分昔から定められている五節句の一つである重陽の節句はどのような日なのでしょうか。

スポンサードリンク

重陽の節句の由来とは?

重陽の節句を含むそれぞれの節句は五つあり、五節句と呼びます。

五節句とは奇数の重なる日である3月3日や5月5日といった日にあたり、古来より奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考えられていて、その奇数の重なる日をお祝いしたのが五節句の始まりと言われています。

その奇数の中でも一番大きな陽数となる『9』が重なる9月9日を陽が重なると書いて『重陽の節句』とし、不老長寿や繁栄を願う行事を行っていたのが始まりといわれています。

日本では奈良時代から菊に長寿を祝う日とされ、宮中や寺院で菊を鑑賞する宴が行われいたそうです。また庶民の間では秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなり『お九日(くんち)』として親しまれていたそうです。


菊にはどんな意味があるの?

五節句は行事と関する花の名前で呼ばれる事も多く、1月7日は七草の節句、皆さんご存知の3月3日のひなまつりは桃の節句、五月いつかは菖蒲の節句、7月7日は笹の節供などというように呼ばれ、重陽の節句である9月9日は『菊の節句』と呼ばれます。

では菊の花にはどのような意味があるのでしょうか?

古代中国では菊は「千代見草(ちよみくさ)」「翁草(おきなくさ)」「齢草(よわいくさ)」と言われ、邪気を祓い長生きをする効能があると信じられていました。

当時はその中国から伝来したばかりの珍しい菊の花を眺めながら宴を催し、厄払いや長寿を祈願をしていました。

これが民間にも広まり五節句の一つと親しまれ、菊の香りを移した菊酒を飲み長寿を願ったり、菊を鑑賞して過ごしましたそうです。さらに旧暦の9月9日は10月頃にあたるのですが、この時期は菊がとても美しい季節だった事もあり、菊を使用した様々な風習が伝えられています。

重陽の節句の過ごし方は?

では菊を使用した重陽の節句はどのように過ごすのでしょうか?

菊には厄払いや長寿の効能があると言われてきましたので、重陽の節句には菊酒を飲み長寿を願う風習がありました。本来は菊をお酒に漬け込んで作っていたそうですが、菊の花びらをお酒に浮かばせた菊酒を楽しんだりしていたようです。

花びらを浮かばせたお酒なら今の時代でも作りやすいですし、重陽の節句とともに風流が感じられそうですね。

その昔には被せ綿(きせわた)というものがあり、前日に菊の花に綿を被せ、翌朝菊の露や香りを含んだ綿で身体を清め、厄払いと長寿を願うという風習があったそうです。他にも菊湯は湯船に菊を浮かべて入ったり、菊枕というのは菊を詰めた枕で眠り邪気を祓うというのもあったそうです。

菊湯は今のご家庭でもできますし、菊枕ならば菊のポプリを枕元に置くというので代用できそうですね。


まとめ

桃の節句や端午の節句など、五節句のほとんどが今でも根付いている中で菊の節句である重陽の節句はあまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

現代では菊の美しい季節と少し時期の差があることで、他の節句に比べて存在が薄らいでしまっというのもあるんだそうです。

是非9月9日には菊湯や菊酒などで、長寿を願い厄払いをするという意味でも重陽の節句を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です