こいのぼりの揚げる時期としまう時期は?何歳まで出すものなの?

男の子のいるご家庭では、毎年5月の端午の節句に合わせて
こいのぼりを揚げる時期が近づいてまいりましたね。

外では大きな鯉のぼりが風に乗って泳いでるのを見ると、暖かい季節になってきたという感じますよね。

初節句のご家庭では、初めてのこいのぼりとなりますが一体いつ頃から出して、
いつまで揚げるものなのか?と疑問も出てきますよね。

今回はそんなこいのぼりについてのお話です。

・鯉のぼりをあげる時期はいつ頃から?
・どのくらいでしまうの?
・子供が何歳までだすものなの?

この3つの疑問点についてお話させて頂きます。

スポンサードリンク

いつ頃からいつまで出しておくの?

5月の5日のこどもの日には、各家庭でこいのぼりを揚げているのを目にしますが、
一体いつごろから出すものなのでしょうか?

一般的には4月の中旬頃から揚げ、5月5日のこどもの日に合わせて飾り
こどもの日か、もしくは連休明けにはしまうご家庭が多いようです。

しかしこの揚げる時期やしまう時期は、地方によって様々。

お彼岸が過ぎたら飾り出す地域や、5月いっぱいは飾っているという地域などもあるので
この期間じゃなきゃいけないという決まりはありません。

この鯉のぼりを出し入れする日ですが、大安を選んで行う方もいるそうです。

4月は入学式などで何かと忙しい時期ですので、少し落ち着いた中旬頃から
飾り始める方も多いようですよ。


鯉のぼりって何歳まで飾るものなの?

こちらも一般的には何歳までという決まりは無い為、地方や家庭などで異なるようです。

こいのぼり自体が、男児の健康と出世を願って立てる飾りになりますので
小学校・中学校くらいまでの喜んでくれるうちは飾るというご家庭が多いようです。

お子さんの成長を願って飾るものなので、親が飾ってあげたいと思ううちは
飾ってあげるのも良いかもしれませんね。

とは言っても、お子さんの為だけではでなく、家内安全を願い飾るご家庭もありますので
何歳までと縛られずに、鯉のぼりを大切にしたいですね。


まとめ

出す時期やしまう時期の取り決めなどはないので、こどもの日を目処
準備をするのが良さそう。

各ご家庭で頂き物のこいのぼりや、親の代から譲ってもらった立派なものなど
大切なこいのぼりを飾っている方もいらっしゃると思います。

その場合は一年に一度陽を浴びさせてあげる意味でも、出して飾る方が良いかもしれません。

せっかくのこいこぼりがタンスの肥やしではもったいないですからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です