十三夜とは?2015年の十三夜はいつ?

十五夜は誰もが知っていると思いますが、十三夜といううのは耳にしたことがあるでしょうか?

もう一つの名月十三夜についてお話します。

・十三夜とは?
・十三夜はどうやって過ごすの?
・2015年の十三夜はいつ?

十五夜については
→『お月見の意味と由来とは?飾りの意味は?

スポンサードリンク

十三夜とは?

十三夜(じゅさんや)は十五夜と同様にお月見行事で、十五夜の後に巡ってきます。旧暦の9月13日のお月見のことを十三夜といいます。

中秋の名月である十五夜から約一ヶ月後に巡ってくる十三夜は、十五夜と並ぶほど美しい月が見られると言われ、昔から大切にされてきた日なのです。

十五夜は芋名月と呼ばれるのに対し、十三夜は豆名月・栗名月と呼びます。十三夜には枝豆や栗などを供えることからこのように呼ばれるようになりました。

また、十五夜と十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片月見」や「片見月」と言い、縁起が悪く良くないことだと言われている地域もあるんだそう。私の地域ではこのような風習は耳にしませんが、東京近辺である風習なんだそうです。


十三夜はどうやって過ごすの?

十五夜は中国の影響を受けているのに対して、十三夜は日本独特の風習です。その昔の秋の収穫祭の一つが今の形になり十三夜となったのではないかと考えられています。

先程も述べましたが十三夜には一般的に、豆類や栗をお供えします。十五夜同様にお団子やススキのお供えもし、秋の収穫を祝います。

お供えのお団子に関してある説があり、十五夜なら15個、十三夜なら13個なんてお話もあるんだそうですよ。

十五夜の時と同様にお供え物を用意して、秋の訪れを感じながら美しい月を楽しみましょう。


2015年の十三夜はいつ?

十五夜が旧暦の8月15日にお月見をし、十三夜はその一ヶ月後の旧暦の9月13日に巡ってきます。

2015年はいつが十三夜なのでしょうか?

◆十五夜:9月27日

◆十三夜:10月25日

ほぼ一ヶ月後に十三夜が巡ってきていますね。

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのですが、それに対して十三夜の夜空は晴れ渡ることが多いことから『十三夜に曇り無し』という言葉があるほど。

十三夜の夜は美しい月が存分に堪能できそうですね。


まとめ

十五夜と同じくらい美しい月が見られるとなると、十三夜のお月見もしないと損!と思ってしまいますね。

十五夜の時に比べて涼しくなってきた頃ですので、秋の味覚と共に季節を感じながらのお月見が楽しめそですよね。

今年からは片見月にならないように十五夜、十三夜のお月見を楽しみたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です