あせも(汗疹)が起こる原因とは?子供が出来やすいのは何故?

夏になるとあせも(汗疹)に悩まされる方は多いのではないでしょうか。

汗をかいて痒くなり、少し経つと真っ赤な湿疹のようになってしまった…という経験をしたことがあると思います。

そもそもあせも(汗疹)ってどうして出来てしまうのでしょうか?

今回は夏場だけでなくても、痒くて悩まされるあせも(汗疹)について。

・あせも(汗疹)ができる原因とは?
・子供が出来やすのは何故?
・あせも対策は?

スポンサードリンク

あせも(汗疹)ができる原因とは?

あせもはどうして出来てしまうのでしょうか?

夏場は特に気温も暑いので大量に汗をかきますよね。この時期に最もあせもに悩む人が多いのも、あせもは皮膚の中に汗がたまって出来てしまうからなんです。

たまってしまった汗は、皮膚の下の汗管(かんかん)という管上の線から周りの組織に漏れ出してしまい、炎症を起こして痒くなり赤くブツブツができてしまったりします。下着の締めつけやベルトなど、汗の逃げ場がない場所だとあせもになりやすいのはこのためなのです。

包帯や湿布なども皮膚が塞がれた状態になりますのであせもが出来やすくなります。

そしてあせもににはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?

私たちのよく知る赤いブツブツのできるあせもは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるもので、赤くならずに白く水ぶくれになる水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼びます。この水晶様汗疹は症状が軽いため出ていても気づかない場合が多いんだそう。

私はこの水晶様汗疹がよく手の指の間に出来ますが、はじめは洗剤か何かにまけてできる湿疹だと勘違いしていました。

そしてもう一つが亜熱帯地方で多く見られる皮膚の深い部分で起こる深在性汗疹(しんざいせいかんしん)と呼ばれる症状があります。これは日本ではあまり見られない症状だそうです。


子供にあせもが出来やすいのは何故?

大人でもあせもになりやすい人はいますが、大人よりも子供の方があせもの痒みに苦しめられているケースが多いと思います。

私自身も子供の時はしょっちゅうあせもができ、四六時中痒くて痒くて仕方ありませんでしたが、大人になるにつれてなりにくくなっていきました。

実は子供があせもになりやすいのにも理由があります。

あせもは汗が皮膚にたまるから出来てしまうというのは先ほどお話しましたが、この汗が出てくる汗腺、実は大人も子供(乳幼児)もほぼ同じなんです。小さな体の面積に汗腺が密集していることでたくさん汗をかきます。

それなのに乳幼児では汗をかいたから着替えたり、シャワーに入ったり汗を拭いたりという事は自分で出来ませんよね。なので小さい子供のうちはあせもになりやすくなってしまいます。

お母さんがこまめに見てあげる事がとても大切になります。


あせも対策は?

そもそも私たちは汗をかくということで、体温調節と老廃物を体外に排出する役割をしています。ですから汗をかいたあとそのまま放置してしまうと、皮膚の表面に汚れが溜まってしまい汗の出口を塞いでしまいます。

汗をかいたあとは綺麗な濡れたタオルやで優しく拭いてあげたり、シャワーで洗い流すなどして汗の出口を塞がないようにし、汗が皮膚についている時間を短くする事がポイントです。

自分で着替えたりなどの調節ができない子供は特に、日常生活での衣類は通気性の良い素材を選んだり汗をかいたらすぐに清潔なタオルやハンカチで拭いてあげましょう。おむつなどは特に蒸れてあせもの原因となりやすいので、こまめに交換してあげましょう。

大人も同様に通気性の良い素材の衣類を選び、汗をかいたらすぐにシャワーで流すなどしましょう。

ひどくなってしまった場合は清潔にする事と、塗り薬を併用して早めに治療していきましょう。日中はかかないように気にしていても、寝ている間にかいてしまい爪の雑菌で悪化してしまう事がありますので早めに治療することが大切です。


まとめ

子供の時にあせもができやすのにはちゃんと理由があったんですね。

おむつなどはどうしても密着していますし、素材的にもできやすいものなんだと思っていましたがこまめに替えたり、清潔にしてげることである程度は防ぐことができますね。

外から帰宅したらまずシャワーで汗を洗い流すのは、あせも対策では最も有効的なんだそうです。今の時期は特に汗をかいたらこまめに拭くか、洗い流すことを心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です