活性酸素って何?体にある影響と気になる対策法は?

健康や美容を気にしている人なら一度は『活性酸素』というのを耳にしたり、目にしたことがるのではないでしょうか。

『活性酸素』という言葉を知っているものの、実際は私たちの体にどのような影響があるのか、何故良くないものとして認識されているのか知らない人も多いと思います。

今回はそんな活性酸素についてです。
・活性酸素とは?
・活性酸素はどんな影響があるの?
・どうやって対策すればいいの?

日頃から健康や美容に気を使っていうのならば、活性酸素んについてもよく知っておくと美肌や健康に役立ちますよ。

スポンサードリンク

活性酸素とは?

活性酸素というのは、もともとは私たちの身体にとっては必要な物質なのです。どんな働きをしているかというと、体内に侵入したウィルス撃退してくれ、殺菌や消毒の役割をしています。その反面、殺菌能力が強いということは、酸化力も強いという事になります。『活性酸素』とは読み方のまま活発な酸素という意味ですが、“活発”というのは酸化させる力が強力という事なのです。

また活性酸素には酵素の働きを促進する効果もありますので、私たちの身体中の細胞は健康を維持することが出来ているのです。

酵素については過去に取り上げていますので、合わせてご覧下さい。
→『酵素って何?気になるその働きと効果は?

ちなみに活性酸素は普通に生活しているだけでも体内では活性酸素が作られています。一般的には呼吸で取り入れた酸素のうちの約2%程が活性酸素になると言われているようです。


活性酸素はどんな影響があるの?

では身体に必要なはずの活性酸素がどうして、あまりよくないイメージがあるのか?

先程も少しお話しましたが、殺菌・抗菌の効果が強いと、酸化する力が非常に強いという事。例えば金属などで時間が経つと錆びてしまったりしますが、あの錆びた状態も酸化の一種となります。

体内の活性酸素が増えるということは、身体を錆びやすくさせてしまうという事になります。身体が錆びやすくなるということは、細胞の老化が早まってしまい体内のあらゆる組織が衰えてゆくことにつながります。

例えばお肌のトラブルや、シワが増えたりというのも活性酸素が関係している可能性が考えられており、生活習慣病なども活性酸素が原因で引き起こされる事が多いようです。

活性酸素が増える原因は様々にあり、代表的なものでは激しい運動、強いストレス、紫外線を浴びる、喫煙、食生活の乱れなどが挙げられます。


どうやって対策すればいいの?

日常生活において活性酸素を増やさないようにするには、喫煙を控えたり、強いストレスを感じないようにしたり食生活を整えたり…完全に断ち切ることは難しいものの、努力次第では抑えることが出来そうですよね。

でもストレスを感じないようにするなどというのは、自分で頑張ってどうにか出来るというものでもありません。では活性酸素を増やさないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

活性酸素の増加を抑制するには、『抗酸化作用』のある成分を多く摂取する事です。

抗酸化作用があると言われている食べ物には、色が濃いもの匂いの強いものが代表的でカボチャやニンジン、ピーマンなどの緑黄色野菜。これらにはカロチン成分が含まれており抗酸化作用の高い食べ物となっています。

その他にもバナナにはアミノ酸や各種ビタミン、食物繊維なども含まれてるため最も抗酸化作用が強いと言われていて、にんにくやセロリなどの香味野菜もにおいの元となる成分アリシンが活性酸素と強力に結びつき、身体の酸化を防いでくれます。


まとめ

活性酸素の抑制をするには、抗酸化作用のある食べ物を取り入れる他にも、最近では抗酸化サプリメントなども登場し注目されています。

身体を錆びさせずにいつまでも健康でいるためにも、普段の食生活に抗酸化作用の食べ物を取り入れていきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です