冷房運転と除湿運転の違いとは?節電なのはどっちなの?

除湿運転は冷房運転よりも電気代が安く済むというのを耳にしますが、本当のところはどっちが節電になるのでしょうか?

今回は冷房のじょしつ運転と冷房運転についてまとめました。

・冷房運転と除湿運転の違いとは?
・冷房運転と除湿運転どちらが節電になるの?
・冷房運転と除湿運転体に優しいのはどっち?

冷房と除湿どちらの運転がより節電になり、体に優しいのでしょうか?

スポンサードリンク

冷房運転と除湿運転の違いとは?

まず冷房運転と除湿運転の違いですが、冷房は空気を冷やすことで室内温度を下げる事を一番に考えている機能で、除湿量も減らしています。冷房運転をする事で室内がすぐに涼しくなるのは、空気を冷やしてくれるからですね。

対して除湿運転はというと、室内の温度をできるだけ下げずに湿度を減らす事を一番に考えた機能です。この除湿というのはエアコンにとってはなかなか忙しい機能なんですよ。

空気中の水分(湿気)を奪うために室内の湿度の高い空気を集めて、エアコン内の熱交換器が熱を奪ってくれます。この時に室内からあつめた空気は水分を取り除く為に温度を下げてから水分を集めます。その熱交換器により空気中にいられなくなった水分が水滴となり、集まったものが室外に出されます。

水分を取った後のサラサラになった空気は再び部屋に戻されるというのが除湿の仕組み。

ちなみに除湿には2種類あり、このサラサラになった空気を部屋に戻す時に、ちょうどいい温度に温める再熱除湿と、水分を集めるために温度を下げた空気をそのままの温度で室内に戻す弱冷房除湿がありますよ。


冷房運転と除湿運転どちらが節電になるの?

先ほどの冷房運転と除湿運転の違いや仕組みを踏まえて、どちらが節電になるのか?

除湿運転には『弱冷房除湿』と『除湿(再熱除湿)』の2種類がありましたが、この2つの除湿と冷房の3つをもとにします。

電気代は 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿 と高くなるのですが、使用しているエアコンの種類によっては除湿より冷房の方が省エネになる場合もあります。再熱除湿に関しては一度冷やした空気を温め直すので電気代が高くつくというわけです。

ご自宅のエアコンがどのような運転機能があるのか確認してみるのがポイントです。

ちなみにエアコンは1℃の変化で電気代が10%も変化するとも言われていますので、冷房や除湿を使用しながらカーテンやブラインドを上手に使ったり、扇風機などで室内の空気を循環させるなども効果的です。


冷房運転と除湿運転体に優しいのはどっち?

熱帯夜の時など就寝時には、除湿と冷房どちらが体に優しい冷風となるのでしょうか?

除湿と冷房の仕組みについてはお話しましたが、除湿は空気を一度温度を下げてから室内に戻しますので設定温度よりも2~3℃低くなる傾向がありますので、就寝時の除湿運転は空気が冷えているように感じてしまう事もあります。

そもそも【こっちが身体に優しい!】というのではなく、どちらも同様ではありますが、どちらが体にとっては冷やしすぎずに良いのかという視点でお話します。

近年では冷房の使用が当たり前となり、汗腺が未発達になる影響があることや、冷房病の心配などを考えると除湿(ドライ)運転に扇風機などの併用が良いかもしれません。

実際に私個人は冷房で温度を下げすぎずに、風向きを並行にして就寝した際、起床した時に身体のだるさが感じられました。それからは寝苦しい夜は、除湿+扇風機という形で就寝しています。

冷たい空気は下の方に溜まりますので、エアコンの風向きはなるべく平行にし部屋全体に空気が回るようにするのもポイントです。その時の気温などにより、どのようにして室内を快適な温度にするかといのも相談しながら機能を使い分けましょう。




まとめ

除湿運転にしても冷房運転にしても室内の空気を冷やしますので、なるべく室内温度を下げすぎずに快適な室温を保つようにしましょう。

身体が冷えやすいのは冬場よりも夏場と言われています。

省エネや体調の事を考慮しても、設定温度は高めでエアコンとプラスアルファを上手に活用して行きたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です