冷房で乾燥するのはなぜ?喉痛みや咳などの対策法法は?

暑い季節になり自宅や職場、電車や建物内など冷房の効いている場所に居る機会が増えてきますよね。

そこで少し気になるのが肌が乾燥しやすくなったり、喉が痛くなったり…そんな症状が出たことってありませんか?

湿度の高い夏のはずなのにどうしてだろう?

今回は夏場の冷房と乾燥の関係についてです。

・冷房によって乾燥するのはなぜ?
・喉の痛みや咳も関係ある?
・冷房による乾燥の対策法とは?

冷房のかかっている空間にいる時間が長いと、色々と体に不調が出てくる場合もありますので、是非ご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

冷房によって乾燥するのはなぜ?

暖房をつけていて乾燥するというのは分かりますが、冷房で乾燥するってどうゆうことなんだろう?と不思議に思いますよね。

エアコンにより乾燥してしまうのは、室内の空気を冷やそうとエアコンが稼働した際にエアコン内部の熱交換器が作動します。その時に室内空気の熱を取ろうとして空気中の水分も一緒に吸収してしまう事が原因となります。

冷房を使うと外に出しているパイプに水が通り、水が垂れていることがありますよね?あの水こそが除湿した水分なのです。

冷房を使用することで室内の空気中の水分がなくなってしまう事が原因となり、乾燥に繋がっていたんですね。


喉の痛みや咳も関係ある?

冷房を長時間使用して乾燥した際に、気になってくるのはお肌の乾燥だけではありません。

喉の痛みを感じたり咳が出てくるという症状の方も多いようですよ。喉が敏感な人ですと室内の乾燥が原因となり、咳が出たり喉が痛くなったりしてしまうことがあります。

さらに夏場は冷えた室内に居ることが多いため喉が冷えて粘膜が荒れてしまったり、冷たい飲み物を一気飲みしてしまったりなど、知らず知らずのうちに喉に負担をかけてしまっている事もあります。

少し弱っていた喉にとっては、乾燥した室内というのはとても辛い環境になってしまいます。

夏場は特に暑さで食欲がなくなりミネラル不足になってしまったり、熱帯夜での寝不足などが重なったりもしますので、喉の粘膜が弱くなりやすい環境でもあります。


冷房による乾燥の対策法とは?

冷房を効かせた室内の乾燥対策として有効なのは、やはり加湿器を使用すること。喉やお肌のことを考えても室内を加湿する事が効果的です。

しかし夏場の加湿器は湿度を上手に調節しないと、ダニやカビの原因となりますので注意が必要です。加湿器を使わずに手軽に加湿するならば、濡らしたタオルを干したりしてみるのも一つの方法です。

ちなみに、『せっかく冷房をつけているのに湿度を高くしたら暑いのでは?』と漠然と疑問が浮かんできますが、室内が涼しければ湿度が高くても不快には感じないというのが意外な嬉しい効果です。

部屋が涼しくなってから加湿器を使用し併用すれば、不快感もなく乾燥対策もできます。冷房・加湿器の効果が薄れず上手に併用するには、冷房を先につけて室内が涼しくなってから加湿器のスイッチを入れることです。

室内が暑い状態の時に加湿器も冷房もスイッチを入れてしまうと、室内の空気が冷えにくくなってしまうので時間差で使うことがポイントです。

お肌の乾燥に至っては職場などですとなかなか加湿器を持ち込めなかったりしますので、ウォーターミストを持ち歩くのが良いでしょう。外気に触れて汗をかいたあとに、室内の涼しい風に当たるというのを繰り返すことで、『汗→乾く→汗→乾く』という行為が繰り返され肌へはダメージとなります。

ミネラルウォーターなどでのこまめな水分補給もこの時期の乾燥を助けるアイテムとなります。

まとめ

私は職場では冷房の効いている室内で長時間過ごしますので、夏場でもマスクを常備しています。

夏にマスクなんて『この人どうしたんだろう』と思われてしまうこともあるかもしれませんが、喉がイガイがしないよう一つの対策法として準備しています。今日は会社で1日事務作業だという時にはマスクをして作業をします。

加湿器を持ち込むことができませんのでマスクをして対策し、喉が痛くならないようにしていますよ。

就寝の際などはタイマーで冷房を使いますが、加湿器にはタイマーがないタイプですので枕と近い距離に濡れたタオルを干しながら寝ています。

夏場の乾燥に悩んでいるのでしたら是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です