玄関の臭いは濡れた傘が原因?傘のお手入れ方法と注意点。

梅雨に入り傘やポンチョなど、様々なレイングッズを使う機会が多くなってきましたね。

さて皆さんは使って濡れてしまった傘、そのあとはどしていますか?

そのままにしておくと玄関の臭いの原因やカビの原因となってしまうかもれません。今回は使い終わった後の傘などのレイングッズのお手入れ方法について。

・玄関の臭いの原因は濡れた傘かも?
・濡れてしまった傘のお手入れ方法は?
・傘を手でくるくるとじるのはNG?

以上の3つについて。

梅雨時期以外でも活用できますので、是非ご参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

玄関の臭いの原因は濡れた傘かも?

特に夏場や梅雨時期などは普段から湿気が多く、ジメジメとしている季節。そこに雨が降ったとなれば更にジメジメに拍車をかけますよね。

そんな季節に濡れたままの傘を玄関に放置してしまうと、傘から落ちた水滴が湿気となり玄関がカビの温床になってしまう事も。傘から落ちた水滴や湿気は玄関全体を湿っぽくしてしまいますので臭いの原因にもなりかねません。

気持ちの良い玄関にしておくためにも使用した傘はしっかりお手入れをして、玄関にカビや臭いを発生させないようにしておきましょう。

天気の良い日には玄関全体の空気の入れ替えをするために、窓や扉を開けて換気をしましょう。下駄箱の中にも湿気が溜まってしまいますので、下駄箱の換気も一緒に行います。

濡れた傘のお手入れ方法は?

玄関や下駄箱の換気をしたところで、傘自体がそのまま放置してあっては意味がありません。臭いやカビを発生させてしまう原因となる、湿気を断つ必要があります。

雨の日に濡れてしまった傘や靴、レイングッズは晴れた日にはベランダや玄関先などで広げて湿気を飛ばし、しっかり乾燥させましょう。また外で干す際には色物などの場合は色合いや柄を守るために、風通しの良い場所で陰干ししてあげましょう。

靴などには新聞紙を丸めて詰め込むことで水分を吸い取ってくれます。

傘は水気が残っていたら軽く拭き取り、開いた状態で乾燥させましょう。傘の骨部分は錆びやすくなっていますので、風に当てて水分を飛ばしてあげる事もポイントです。

毎回乾かすなんてちょっと手間…と思われるかもしれませんが、このちょっとした手間が玄関の臭いやカビ、更には傘を長く使う為の対策となります。水分が残った状態で放置してしまうと雑菌が増殖し、傘自体に臭いが発生してしまう原因ともなりますので、使用した後には乾燥することで防ぐことができます。



◆傘の丸洗いで撥水効果を蘇らせよう!◆
長く使っていると傘の撥水効果も薄れてきてしまいます。 お風呂場などの広いスペースで洗濯用中性洗剤を5~10倍に薄めて、スポンジに含ませて傘の表面を優しく洗います。 シャワーでしっかり洗い流して、陰干しで乾かします。

ある程度乾いてからドライヤーで乾かしましょう。 ドライヤーの熱を当てることで、フッ素の効果が蘇り弱くなってしまった撥水加工が購入時の状態に近くなるんだそうですよ。

傘を手でくるくる閉じるのはNG?

ほとんどの傘の撥水加工にはフッ素系の撥水剤を使用している事が多いのですが、実はこのフッ素系の撥水剤の油分なのです。

傘をたたむ時に手で押さえてくるくるする仕草ですが、このくるくると回す時の手の脂によりフッ素系撥水剤の効果を薄めてしまっている可能性があるということなんです。

手のひらでくるくるする時にハンドクリームなどがついている状態だと、撥水性が失われてしまうだけでなく、筋状の線ができてしまう事もあるんだそうですよ。

傘をたたむ時には生地の織り目をつまみ一枚ずつ軸に巻きつけ、留め具の紐でぐるっと巻くようにして閉じるようにしましょう。撥水効果を持続させるためにも、手のひらでくるくるとまるめる閉じ方はしないほうが良いようですね。


まとめ

意外と知らない傘のお手入れ方法ですが、玄関のカビの原因になると知ると今日からやらずにはられませんね。

お気に入りの傘でついついやってしまっていた、手でくるくると回して閉じる方法ですが、撥水効果が薄れてしまうと聞いた時、すぐにやめました(笑)

梅雨や雨の多い時期だからこそお気に入りのレイングッズで楽しみたい!という方も多いのではないでしょうか?

ちょっとしたて手間でお気に入りのレイングッズを長く愛用できるようにしたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です