酵素って何?気になるその働きと効果とは?

最近あらゆるところで耳にする「酵素」

ダイエット目的や健康効果を期待し酵素を食べたり、飲んで摂取する方々も多いのではないでしょうか。

ではそんな酵素は一体どのような成分なのかご存知ですか?

・酵素って何?
・どんな働きがあるの?
・もたらす効果とは?

以上の3つについてまとめてみました。 

スポンサードリンク

酵素って何?

酵素とは体の中に存在する成分で、私たちの体の中には約2万種類以上の異なる酵素が存在すると言われています。

酵素は体内のあらゆる化学反応に対し触媒として機能しているタンパク質の事で、食べ物が運ばれてくればそれらを使って新しいものを生み出したり補修したりと常に働き通しの忙しい存在なのです。

言うならば体内でせっせと働くスタッフみたいなもの。

そして体内に存在する酵素にはそれぞれ役割があり、大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」の二つに分類されます。消化酵素は体内に取り込まれた食べ物を分解する役割を、代謝酵素は体内にある栄養素を使って修復・再生など体作りをするのが役目です。

その他にも呼吸・運動・思考などわたしたちが生きていく上ではとても重要な役割を酵素は担っているのです。



◆酵素の体内生産量には限りがある!?◆
先ほど酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があるとうお話をしましたが、これらの人が一生の間に作ることのできる酵素を「潜在酵素」と呼びます。 消化酵素も代謝酵素どちらも潜在酵素から生まれています。 しかし体内で一生に作られる酵素の量は限定されているということがアメリカのエドワード・ハウエル医学博士の研究によって明らかになりました。 体内で作られる酵素はできるだけ代謝酵素として使い、消化酵素の分は食べ物などから摂取すると長生きや健康の秘訣なんだとか。

さらに人それぞれ酵素を作ることが出来る量は異なり、その量も限られているんだそうですよ。


酵素にはどんな働きがあるの?

酵素は食べ物の消化や皮膚の新陳代謝の手助け、血液の循環など私たちの体のあらゆる働きに関わっている重要な成分です。例えば酵素が不足してしまうと、体調に現れてしまうほど。

なんとなくやる気がおきなかったり、消化不良が起こってしまったり肌の不調に繋がったりという症状にも酵素不足が原因で起きている場合もあります。

例えば私たちの普段食事で摂取している栄養素は、ただ食べただけでは体内の中できちんと働いてくれません。酵素があり初めて栄養がエネルギーに変わり、体の中できちんと働いてくれるのです。

酵素がなくなってしまうと、栄養がエネルギーに変えることができなくなってしまいます。そして酵素が不足した体は血液が汚れてしまい、血がドロドロの状態になり万病の元ともなりえます。

酵素は私たちの体にとっては無くてはならない存在であり、必要不可欠な成分なのです。


酵素の効果とは?

まず消化酵素と代謝酵素どちらが優先的に作られるのか?ですが、まず私たちの体にとって食べ物を消化して栄養素を吸収することが生命を維持していく上では最優先事項です。ですので、酵素も消化酵素が優先的に作られます。

しかしダイエットに酵素が良いと言われているのは、まさしく「代謝酵素」の働きによって代謝が上がるからなのです。代謝を上げて体質を改善することで代謝が低い痩せにくい体から、痩せやすい体へと改善していくからダイエットに良いと言われています。

そして酵素は体内でも作られていて、私たちが生きていく上では必要不可欠な成分だとお話しました。酵素を摂取することで栄養素を分解・吸収し、細胞を組み立ててくれる働きがありますので健康を保つのには重要な効果をもたらしてくれます。

酵素は熱に弱い!
自然界に存在する食べ物にはすべて消化酵素が含まれているんだとか! しかし酵素は熱に弱いため42℃~70℃の熱で破壊されてしまいます。野菜や魚介類、肉類などを加熱して調理している時に酵素は破壊されてしまっているのです。 その中でも発酵食品は発酵する過程で、酵母菌はさまざまな酵素を作り出していますので、みそ・しょうゆ・ぬか漬け・納豆などの発酵食品は毎日摂るようにしたいですね。 味噌汁を作るときは火を止めてから味噌を入れるのがポイントです。


まとめ

様々な健康食品でも「酵素」とつくものが発売されていますが、作られる過程で加熱されてしまっていては酵素としての働きが期待できませんよね。

加熱せずに食べられて多くの酵素を含むものとしては、パイナップルやキウイ、イチゴやパパイア、バナナなどが挙げられますが、これらに多く含まれているのは消化酵素。お野菜では大根おろしや山芋、キャベツなどが多く含まれますがこれらには消化酵素を多く含んでいるようです。

これらを食卓に出して、意識して食べたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です