喪中はがきの役割と出す範囲とは?出す期間と喪中の方へ出すのは良いの?

喪中はがきとは一年以内に近親者(家族、または親族)の死去により、喪に服していることをお知らせし翌年の新年のご挨拶を遠慮する旨をお伝えするはがきの事です。

年賀状を遠慮することをお知らせすることから、「年賀状の欠礼はがき」や「年賀欠礼状」などとも呼ばれています。

今回は喪中はがきを出す際について。
・喪中はがきの役割と出す範囲とは?
・喪中はがきを出す相手と時期は?
・喪中の方に喪中はがきを出しても良いの?

スポンサードリンク

喪中はがきの役割と出す範囲とは?

喪中はがきの役割は喪に服していることを伝えるためのお知らせとなります。

本来であれば新年を祝って賀詞を交わしますが、喪に服しているために新年の祝賀状を遠慮する旨を喪中はがきにてお伝えしましょう。



はがきにはいつ誰が亡くなったのかを伝え、そのために現在自分が喪に服していることを伝えます。ちなみに自分にとってどのような間柄の方がなくなった場合に喪中はがきを出すのかですが、同居の家族・親族がその年に亡くなった場合と、肉親(同居している、していないに関わらず両親・兄弟姉妹・子)がその年になくなった場合には喪中はがきを出します。

上記の2通りは必ず喪中はがきを出す場合ですが、同居していない親族(祖父祖母・義父母・義理の子)がその年になくなった場合などは、家族で喪中はがきを出すかどうか決めます。地域などによって異なりますので相談してみましょう。




喪中はがきを出す相手と時期はいつ?

まず喪中はがきはどのような相手に出すものなのでしょうか?

個人の場合は毎年のように年賀状のやり取りをしている友人や、同僚、上司、先生など近しい関係の方々は必ず送ることになります。

また、その年にお世話になった方で本来であれば年賀状を出しご挨拶をしたいと思う方などが挙げられます。

喪主の場合には故人が年賀状をやり取りしていた相手や、故人の葬儀に参列してくださった方にも喪中はがきを出します。

ビジネス上の場合には取引先やビジネス上のお付き合いであっても故人の葬儀に参列してくださった場合には喪中はがきを出すようですが、仕事上の取引先に対しては、個人的なこととは別と考え喪中はがきを出さないケースも多いようですので、上司と相談し喪中はがきを出すのか決めるのが良いです。

喪中はがきを出す時期ですが、喪中はがきには「喪中なので年賀状はご遠慮下さい」という意味も込められていますので、相手が年賀状を出す前に届くように送ります。前もってお知らせする必要がありますので、11月中旬以降~12月15日までに届くように送ります。

12月に入ってから身内に不幸があった場合には、年賀状の返信を喪中はがきとして出すこともありますし、他には松の内(1月1日~7日まで)を過ぎてから寒中見舞いを出す方法もあります。


喪中の方に喪中はがきを出しても良いの?

あらかじめ喪中はがきを出そうかと準備をしていたら、相手から喪中はがきが届いてしまったという場合。

喪中はがきを送っても良いものなのか、疑問に思いますよね?

毎年年賀状を交わしている間柄ですから、相手から年賀欠礼はがきが来た場合でもこちらからも年賀欠礼はがきを送り、挨拶を控える旨をお伝えしましょう。

喪中の場合には「おめでとう」を伝えないという事で年賀状は遠慮してもらうものですが、喪中はがきにはおめでとうとは記載しませんので、喪中の方に出してもマナー違反にはなりません。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

年賀状は一般的に12月15一からの受付ですので、その日よりも前に届くようにということで11月中旬以降から12月15日までに出すのが良いようですよ。

喪中はがきを出す際のご参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です