秋分の日の意味とは?どうしておはぎを食べるの?

秋分の日の意味とは?

秋分の日は春分の日と同様に、昼と夜の長さが等しくなる日です。春に比べまだ暑さの残る秋分の日は、この日を境に昼よりも夜が長くなっていきます。

1947年頃までは秋季皇霊祭という祝日でしたが、1948年に法律で「祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日」という趣旨として制定されました。

この秋分の日を中心とした一週間を「秋彼岸」といい、お墓参りに行ったり祖先を供養する法会が行われたりします。

いっけん「秋分の日」と聞くと秋に関する祝日なのかな?と思いますが、秋との関係ではなくご先祖様に感謝の気持ちを捧げる日だったのですね。


秋分の日っていつ?

秋分の日は国立天文台が作成してる「暦象年表」に基づき閣議決定されています。

普通国民の休日というのは、あらかじめ日にちが決まっていて「○日 ○○の日」という形でカレンダーに載っていますよね。しかし秋分の日はそうではなく、内閣府が公表している「国民の休日に関する法律」内でも秋分の日は月日が載っておらず、「秋分日」とされています。

ちなみにどうして毎年変動するのかというと閏年と同じような理由で、きっちり365日でない事が原因となっていて変動しています。

2015年の秋分の日は9月23日(水)となっています。

翌年以降の春分の日は

2016年 9月22日(木)
2017年 9月23日(土)
2018年 9月23日(日)
2019年 9月23日(月)
2020年 9月22日(火)


どうして秋分の日におはぎを食べるの?

秋分の日が近くなるとスーパーなどではおはぎが売られうようになり、食べる習慣がありますが、なぜおはぎなのでしょうか?

実はおはぎに使うあんこの小豆の赤い色には、邪気を払うとか災難から身を守ると昔から信じられていたためなんだそうです。

邪気を払うということと、先祖の供養が結びついたためにおはぎをお供えして食べる習慣へとなっていったようです。


まとめ

秋分の日に「先祖を敬い感謝する日」という意味が込められているのを初めて知りましたが、お彼岸という理由だけでなく込められている意味を知るとより、秋分の日に感謝の気持ちを込めてお墓参りに行かないという気持ちになりますね。

邪気を払うという意味のあるおはぎも、是非秋分の日にお供えして食べてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です