海の日の由来と起源とは?どんな意味があるの?

海の日の由来と起源とは?

海の日はもともと「海の記念日」というものでした。

起源は1876年まで遡ります。1876年(明治9年)明治天皇の東北地方巡航の際に、これまでの軍艦ではなく蒸気船である明治丸によって航海し、7月20日に横浜港に帰着した事にちなんで1941年(昭和16年)に逓信大臣村田省蔵の提唱によって「海の記念日」が制定されました。

後の1995年に祝日法の改正により7月20日を海の日にするという条文が追加されたことにより、1996年より施行され、その後2003年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)導入により海の日は7月の第三月曜日となりました。

もともとの海の記念日は、一般の市民の方々にはあまり馴染みのない日であり、海の仕事に従事する方々の間で行事が行われるものでした。しかし、海の仕事の関係者の方々が“海の記念日を祝日にしよう”という運動があり国民の祝日となったのです。




海の日の意味とは?

海の記念日として始まった海の日ですが、今では祝日として広く知れ渡っていますがもともとはどのような意味のある日だったのでしょうか?

海の日はもともとは「海の恩恵に感謝し、海洋国家二本の繁栄を祝う」というものだったようです。

海に関わる仕事の方々が始めた海の記念日には、このような意味があったんですね。

ちなみに海の日は日本だけの祝日になり、海に囲まれた日本ならではの祝日です。


2015年の海の意はいつ?

2015年の海の日は7月20日(月)です。

今年は7月18日の土曜日から三連休となります。6月には祝日がありませんので、ゴールデンウィーク以来の連休となります。海開きなどもありますので本格的に夏のレジャーを楽しめる時期となりますね。


まとめ

小さい時から海の日になると海開きとなるので、とても楽しみにしていたのを思い出します。実際の海の日に込められていた意味を知ると、また異なった過ごし方が出来ますよね。

海に囲まれている日本ならではの祝日ですが、海の恩恵に感謝する日として改めて海の日を見直したいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です