ラクトフェリンとは?どのような効果があるの?摂取方法は?

便秘や花粉症など様々効果が期待されているラクトフェリン。

実際にどのような成分で、どんな効果があるかご存知ですか?

今回はラクトフェリンについての気になる事をまとめました。
・ラクトフェリンとは?
・どのような効果があるの?
・ラクトフェリンの摂取の仕方は?

今日から取り入れたくなるラクトフェリンについてです。

スポンサードリンク

ラフトフェリンとは?

ラクトフェリンは母乳、哺乳動物の乳に含まれている成分で様々な機能を持ったタンパク質です。母乳以外にも涙や唾液、胆汁、羊水など体のほとんどの分泌液に含まれていて、血液中にも存在しています。

その中でも母乳、特に初乳に多く含まれていて生まれたばかりの乳児を様々な感染症から守っていると考えられています。

ラクトフェリンは成長に鉄を必要とする細菌などの増殖を防いでくれ、強い抗菌能力を発揮します。活性酸素や腸内細菌の増殖も防ぎ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の増殖を手助けする働きがあるんだそうです。

乳児だけでなく大人にとっても嬉しい働きのある成分なのです。

ちなみにラクトフェリンは

◆ラクトフェリンは貴重原料!?◆
赤ちゃんの成長には必要不可欠と言えるラクトフェリンですが、実は生乳10kgから約1g程しか製造することのできない貴重原料なんですって! 牛乳1ℓ中には0.07gしか抽出出来ないんだそう。 とっても貴重な原料なのです。


どのような効果があるの?

とても貴重な原料であるラクトフェリンですが、一体どのような効果が期待できるものなのでしょうか?

◆健康、美容
・風邪、インフルエンザ予防
・大腸ガン、肺がん予防
・口内炎の治療
・腸内環境の改善
・乾燥肌、しわ対策
・水虫の予防、治療
・ドライアイ
・アンチエイジング

◆ダイエット
・脂肪分解作用の促進
・脂肪合成作用の抑制
・中性脂肪、コレステロールの原因LPSを不活性化

ラクトフェリンには抗菌、抗ウィルス活性作用がありますので、風邪やインフルエンザ、感染予防や水虫治療や予防などの効果が期待されています。更に免疫調整作用により、発がん予防やNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化などの研究報告もあります。

便秘に効果があるとされているのは、腸内の悪玉菌が餌にする鉄分を吸着し悪玉菌が増えるのを防いでくれる効果と、善玉菌を増やす効果で腸内環境の改善をしてくれる点です。便秘改善効果を期待してラクトフェリンを求める方は少なくありません。

そして気になるダイエット効果ですが、脂肪の分解は脂肪分解酵素である「リパーゼ」の働きによって行われるものなのですが、働きを妨害する物質もいます。その物質は「ペリリピン」という物質。

この妨害する物質であるペリリピンの量を減少してくれるのがラクトフェリンなのです。ペリリピンの減少をし、更にリパーゼの脂肪分解を促進させる働きをしてくれます。


スポンサードリンク

ラクトフェリンの摂取量の仕方は?

ラクトフェリンは熱に弱いという性質を持っています。普通の食事で摂ると胃で分解されてしまい腸まで届けることがなかなか難しい成分となっています。

最も効果的な飲み方は、“腸まで届ける事が可能な形”にしたものを摂取することなので、サプリメントでの摂取が効果的に摂取できる方法となります。そして効果的な飲み方ですが就寝前に服用すると良いとされていて、1日2~3回に分けて飲むと良いとされています。

◆ライオン ナイスリム ラクトフェリン
腸までしっかり届ける特殊コーティング。
胃で分解されずに腸まで届けるタブレットタイプのサプリメント。


◆森永 ラクトフェリン錠
品質にこだわったラクトフェリンを使用したサプリメントで、米国の
GRAS認定を受けたラクトフェリンのサプリメントです。
※サプリメントの過剰摂取や、摂取し始めの時は一時的にお腹がゆくなることもあるそうです。ラクトフェリン以外にも配合されている成分がありますので、アレルギーの方は成分を確認し、摂取をしないようにしてください。


まとめ

ラクトフェリンのサプリを飲み出してから、花粉症の症状が軽くなったという効果を実感している方や、風邪をひきにくくなったという声なども多くあるようですよ。

私は実際にラクトフェリンの配合されているサプリメントを飲み出してから、便秘が改善されていてとても助かっています。

万能成分ラクトフェリンで健康維持に一役かってもらうのも良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です