青森ねぶた祭りの由来は?2015年の日程と開催場所!

青森の夏の風物詩である青森ねぶた祭り。

全国から大勢の観光客で溢れるこの時期ですが、大きな武者絵のねぶたと呼ばれている山車が青森市内の街をまわります。

一度は見てみたい大迫力のねぶたを、今年は見に行ってみてはいかがでしょうか?

・ねぶた祭りの由来と歴史
・青森ねぶた祭りの2015年の日程とスケジュールは?
・会場(経路)はどこ?

まだ見たことない人もあの大きなねぶたを生で見ると、迫力と光がともった時にの美しさは一度見ると感動ですよ。

スポンサードリンク

ねぶた祭りの由来と歴史

ねぶた祭りの由来は七夕祭りに行われる灯篭流しが由来と言われています。

きっかけは紙と竹、ローソクで作った灯篭をねぶたに見立てて、邪気や汚れを払うために海や川に流す禊の行事として行われていたのが始まりなんだそうです。

もともと灯篭流しと聞くとお盆時期に行う弔いの行事を思い浮かべますが、津軽には精霊送りや虫送りという習慣もあったようで、その習慣と奈良時代に中国より伝わった七夕祭りとが合わさり灯篭流しがねぶた流しとなり、今のねぶた祭りへと変化していったようです。

ちなみにねぶた祭りでの「らっせらー」という掛け声ですが、その意味は「酒を出せ」という意味なのをご存知でしたか?これは「ロウソクの灯り代を出せ=酒を出せ」という事を言っているんだそうです。


青森ねぶた祭り2015年の日程は?

2015年のねぶた祭りの日程は

8月2日(日)~8月7日(金)

◆8月1日
18:00~21:00 前夜祭(会場:青い海公園特設ステージ)
19:00~20:40 第67回浅虫温泉花火大会(会場:浅虫温泉)

◆8月2日・3日
19:10~21:00 子どもねぶた[約15台]大型ねぶた[約15台]運行予定

◆8月4日・5日・6日
19:10~21:00 大型ねぶた運行[約20台]運行予定
※8月6日はねぶた大賞ほか、各賞の発表

◆8月7日
13:00~15:00 大型ねぶた運行[約20台]運行予定
19:15~21:00 第61回青森花火大会・ねぶた海上運行[6台]運行予定
(受賞したねぶたが青森港を運行し、花火とともにねぶた祭りのフィナーレ)

ねぶた祭りの会場は?

この時期になると青森市内がねぶた祭り一色となりますが、会場は青森中心街となる青森駅前になります。青森駅前にある新町通りからが運行コースとなっていて、運行コース上にねぶたが待機し一斉に全てのねぶたが動き出します。

8月7日はあおしんビル前あたりからスタートし、ねぶた大賞を先頭に順次運行。


※見やすい経路が記されている簡易地図は「青森ねぶた祭りオフィシャルサイト」をご覧ください。

まとめ

古くからの歴史あるお祭りとして知られているねぶた祭りですが、目の前でみるねぶたは本当に大迫力でとてもエネルギッシュなお祭りとなっています。

夜のねぶたは迫力も去ることながら、どこか幻想的な雰囲気もあり不思議な感覚でした。太鼓や笛の音とともに、光を灯したねぶたが練り歩く様は息を呑む美しさがありました。

青森の方々はねぶた祭りのために、長い時間をかけて準備されているんだそうで大きなハリボテを全員で力を合わせて作成しています。今年はどのねぶたが対象となるのかにも注目ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です