七五三の意味とは?いつやるの?内祝いは必要?相場は?

お子様の晴れ姿を見れる七五三には、前もってお着物や袴を用意したりと親御さん達にとっても大事なイベントの一つですよね。

今回は七五三についての疑問をまとめています。

・七五三の意味とは?
・七五さんはいつやるものなの?
・内祝いは必要?相場はどのくらい?

意外と七五三についての知識って曖昧な部分がありますよね。お子様の成長を一緒にお祝いするためにも知っておきたいポイントをまとめました。

スポンサードリンク

七五三の意味とは?

七五三は三歳・五歳・七歳にお子さんの成長を祝う行事です。

起源は室町時代と言われていて、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国に広がったとされています。

当時は乳幼児の死亡率が高かった時代で、生まれてから3~4年経ってから現代でいうところの戸籍にあたる氏子台帳などに登録をしていました。七五三のお祝いは今まで無事に成長できたことへの感謝とお祝いや、これからの将来と長寿を願う意味として行われていたようです。

現代のように神様にお祈りと、感謝をするお祝いとして普及したのは明治時代ころからと言われています。


七五さんはいつやるの?

七五三は男の子と女の子で行う歳が異なります。

◆男の子…三歳と五歳
◆女の子…三歳と七歳

三歳・五歳・七歳にはそれぞれ意味があり、三歳は男女共に髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、五歳は男の衣である袴を着る「袴着(はかまぎ)」、七歳は女の子の着物帯の装いを始める「帯解(おびとき)」という意味があります。

早生れなどの問題でいつ行うのが良いのか悩むこともあると思いますが、最近では数え年ではなく満年齢でお祝いすることが多く、満三歳で行う方が多いようです。五歳や七歳に行う際は、家族や地域の慣例など周りに合わせてお祝いするようです。

七五三を11月15日に祝うことになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたることからこの日に祝うようになりました。鬼宿日は婚礼以外のお祝いごとは何事のお祝いごとにも吉とされていたからです。

更に旧暦の11月は秋の実りを神様に感謝する月ですので、満月に当たる15日に氏神に収穫の感謝とともに子供の成長の感謝と祈願をしたという説もあります。

内祝いは必要なの?相場はどのくらい?

七五三の内祝いは親戚などと会食などを行う場合は、基本的には不要です。更に親類などであればお返しをする必要はないとされています。

しかし最近では礼儀上内祝いを用意する方が多いようです。その場合だいたい頂いたお祝いの三割から半返しで品物を用意する方が多いようです。3,000円~3,500円ほどの相場でご用意している方が多く、ハンドタオルやお菓子などが多いようです。親戚ではない方からお祝いを頂いた場合は内祝いのご用意するようにしましょう。

この際は表書きに「内祝」とし、下の段にはお子様のお名前のみを書きます。この時表書きは「寿」や「七五三内祝」でも構いません。水引は紅白の蝶結びを選びましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

七五三はお子様のこれまでの成長と、これからの将来や長寿を祈願する行事ですので是非ご家族と皆さんであ祝いしてあげたいですね。

三歳ですと着物や袴を長時間着ているのは大変かと思いますが、せっかくの晴れ姿ですので家族皆と晴れ姿のお子様で写真などを残したいですよね。内祝いの代わりにメッセージカードに写真を添えて送る方なども多いようですよ。

私自身も七五さんの思い出といえば、着物を長時間来ていて具合が悪くなったという思い出があります。しかし今でもその時の写真を見ながら思い出を語ったりしますので、大人になってからとても嬉しい思い出となりますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です