クローゼットの湿気対策は?臭いやカビにはどうすればいいの?

梅雨から夏場にかけて気になるのが、クローゼットの湿気。

少し奥まったところに配置されているクローゼットですが、スーツやお洋服がどうしても湿気で傷んでしまったり気になるニオイがついてしまったりしたことはありあせんか?

今回はクローゼットの湿気対策について。
・クローゼットの湿気対策は?
・気になる臭いはどうすればいいの?
・クローゼットのカビ対策には?

秋や冬まで大事なおお洋服たちを守るために覚えておきたいポイントをまとめました。

スポンサードリンク

クローゼットの湿気対策には?

クローゼットはお部屋の奥に位置している事が多く、窓から少し離れていたりする場合がありますので湿気対策は必要になってきますよね。しっかり除湿を行わないとカビや臭いの元となってきますので湿気の特徴を理解して除湿しましょう。

湿気(水分)は空気よりも重いので下の方に溜まりやすくなります。タンスなどなら一番下の段からたまり、クローゼットなら床に近い場所から溜まってゆきます。

この特徴を知ると、お洋服と一緒に引っ掛けるタイプの除湿剤だけではしっかり除湿されませんので、床に置き型の除湿剤を起き併用するようにしましょう。

更にクローゼット内に空気が停滞しないように空気の通り道を作っておくのもポイントです。衣類をギュウギュウに詰め混み過ぎると、隙間がなく空気の通り道がなくなってしまい湿気が溜まりやすくなってしまいます。

お洋服同士に隙間ができる程度に掛け、壁や床にくっつかないようにして空気の通り道を作る配置にします。すのこなどを使い空気の停滞を防ぐのも良いでしょう。


上記のように置き型、ハンガータイプのように湿気取りアイテムが販売されていますので併用すると効果的に湿気対策ができます。

炭入りなどは消臭効果もありますので、ニオイにも効果的です。


気になる臭いはどうすればいいの?

前述通り湿気をクローゼット内に溜まらないように、除湿剤を置くのが対策として必要ですが、ニオイが付いてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

除湿剤を入れていても気になるニオイが付いてしまった場合は、天日干しや陰干しをしてお洋服を乾燥させてあげましょう。日光消毒や殺菌効果もありますので、カラッと晴れた日には天日干しをしましょう。

この時に変色の恐れがあるものなど、天日干しをしてはいけない衣類ではないか注意しましょう。

ニオイにはとにかく換気が重要となりますので、近くに窓がある場合にはなるべく窓を開けるようにし、窓がない場合には換気口を開けるなどします。我が家では隣の部屋の窓などもあけ、空気が通るようにしていますよ。



◆石鹸でニオイ対策◆
除湿剤を置いているだけでは少し不安…という場合には、石鹸などを置くことでクローゼット内にほのかに香りを付けることができます。 芳香剤などはしっかり香りがしますが、石鹸ですと好みの石鹸の香りがほのかに広がるので使いやすいかと思います。


スポンサードリンク

クローゼットのカビ対策には?

普段締切になりがちなクローゼットには湿気もたまりやすく、カビも発生しやすい環境になってしまいます。除湿剤で普段から湿気を取り除くことも大切ですが、大掃除や衣替えの時にはクローゼット内の換気をするのもポイントです。

扇風機やサーキュレーターなどを使い通気させながら、エアコンの除湿を稼働させるなどしてクローゼット内のカビ予防を行いましょう。

そしてクリーニングに出して戻ってきた衣服は、必ずビニールを外して収納しましょう。ビニールをつけたままにしておくと湿気がたまり衣服にカビが生える原因となりますので、不織布などの通気性の良いカバーをかけて収納しましょう。

先程もお話しましたが空気の通り道を作ることも重要です。床から浮かせ通気性をよくするためにすのこを敷いたり、クローゼット内は八割ほどの収納にするなどして空気がたまらないように工夫しましょう。


まとめ

梅雨時期には特に湿気に悩まされてしまいますが、晴れた日には窓を開けたり扇風機などを使った換気をしてカビやニオイ対策をしていきましょう。

我が家では天日干しとまではいきませんが、クローゼットの中から衣類を出して換気をした風通しの良い部屋に定期的に出すようにしています。これをするだけでもかなり違いますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です