神奈川新聞花火大会の日程は?プログラムとお勧めの観覧場所は?

今年で第30回を迎える神奈川新聞花火大会。

よこはなコスモワールドなどが立ち並ぶみなとみらい21地区前の上空に打ち上げられる花火は、クオリティが高く、レベルの高い演目知られている花火大会です。

横浜の夜景をバックに見るダイナミックな花火は、ここでしか見れないので必見ですよ。


神奈川新聞花火大会の日程は?

2015年の神奈川新聞花火大会の日程は

8月4日(火) 19:00~20:15 予定

打上数は15,000発以上の予定となっていて、最大打上げは去年打ち上げられた10玉号。

海上から打ち上げらる尺玉やスターマイン、水中花火などが楽しめる今大会は横浜港の夜景をバックに打ち上げられる花火が存分に楽しむことができます。

フィナーレには轟音が体感できるほど響きます。


開催場所と大会のプログラムは?

開催場所はみなとみらい21 臨港パーク前面会場

当日は会場周辺で交通規制が行われます。

・電車
JR京浜東北線ほか「横浜」駅より徒歩約20分
みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩約10分
JR根岸線ほか「桜木町駅」より徒歩約15分

【プログラム】

◆19:00 寸玉スターマインのとめどない打上によるオープニングでスタート。

◆19:15 日本煙火芸術協会の役員が手がける尺玉の打上げ。

◆19:40 尺玉の連打や水中と水面を彩る壮大な演目。

◆19:50 音楽花火「スカイシンフォニーインYOKOHAMA」がスタートし大迫力のフィナーレ


おすすめ観覧スポットは?

みなとみらい21地区には様々なスポットがあり、当日は有料エリアとして解放される所や上から見下ろせる場所などが点在します。

◆臨港パーク カップヌードルミュージアムパーク(有料)

芝生になっているのでゆったりと花火を楽しむ事ができるエリアです。
会場に面しているのでダイナミックな花火を楽しむことができます。





◆横浜赤レンガ倉庫

2号館の奥に位置するレンガパークは鑑賞スポットとなります。海岸エリアからは会場に広がる花火を眺められる場所で、混雑必至の人気スポット。当日は早めの時間から会場に向かうのをお勧めします。





◆横浜ランドマークタワー69Fフロア スカイガーデン

69階という高さから会場に打ち上がる花火を横浜の夜景とともに見下ろすことのできるスポット。ガラス張りの窓から見下ろす花火は下から見るのとは違った迫力と美しさを楽しむことができますよ。


まとめ

横浜の夜景と大迫力の花火のコラボが楽しめる大会はお勧めです。

是非足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です