お彼岸にお供えするのはおはぎとぼた餅どっち?由来は?いつ食べるの?

前回は「お彼岸」についてのお話をしました。

前回の記事
→「お彼岸はいつ?どんな意味があるの?お墓参りに行けない場合は?

今回はお彼岸にお供えするぼたもちやおはぎについての疑問について。

・お彼岸にお供えするのははおはぎとぼたもちどっち?
・おはぎやぼたもちをお供えする由来とは?
・いつ食べればいいの?

お彼岸は年に2回ありますが、その事も関係しているので是非参考にしてみてくださいね。


お彼岸にお供えするのはおはぎとぼた餅どっち?

おはぎとぼた餅は両方とも大きな違いはなくおはぎは粒あんで包み、ぼたもちはこし餡で包んだものでどちらも同じ食べ物です。

おはぎは「お萩」、ぼた餅は「牡丹餅」という漢字になるのですがそれぞれ花の名前が由来となっていて春彼岸には牡丹の花に見立てた牡丹餅、秋彼岸には萩の花の色に見立てたお萩をお供えし食します。

地域によってはお団子をお供えするところもあるようですが、お彼岸の時期にはおはぎやぼた餅の両方を販売する所も見かけます。我が家では好みが分かれるので二つの種類が備えられていますよ。

ではなぜお萩や牡丹餅がお供えされるようになったのでしょうか?


おはぎやぼたもちをお供えするようになった由来とは?

江戸時代の頃のお砂糖はとっても貴重な品物でした。小豆に砂糖を混ぜて作るおはぎなんかはとても貴重な食べ物だったのです。

そして小豆は古来より生活に欠かせない食べ物として食されてきていて、小豆の赤色には魔除けのの力があるとされお祝いの席や儀式の際に、お赤飯や砂糖を混ぜた餡子として捧げられていました。

とても貴重なスイーツだったおはぎやぼた餅は、大きな節目や大切な方へ振舞う時の食べ物とされていたようです。

このような習慣から五穀豊穣を込めた餅と、魔除けの力があるとされる小豆を牡丹餅やお萩にしてご先祖様への感謝と家族の健康を願いお供えするようになったと言われています。


おはぎやぼた餅はいつ食べるものなの?

ではこのおはぎやぼた餅は一体いつ食べればいいのでしょうか?

お墓や仏壇などにお供えし終わった後に頂くのですが、お彼岸の期間である中日(春分の日・秋分の日)に当たる時に食べるのが、最もご先祖様へのお供え物としての意味を持つと言えます。

お彼岸は春分の日と秋分の日を中日とした前後7日間ありますが、中日である春分の日や秋分の日におはぎやぼた餅をお供えします。この時お彼岸が終わるまでお供えしていなければいけないという決まりはありませんので、一度お供えしてから食べるようにします。

中日にお供えができなければお供えする日が前後しても構いませんし、問題はありません。ご先祖様に対して感謝の気持ちを表す事が大切ですので、日にちが前後してもおはぎやぼた餅をお供えし感謝をするようにしたいですね。


まとめ

毎年我が家でもお彼岸の時にはおはぎやぼた餅をお供えしますが、祖母はこの時期に手作りをしていました。

今では懐かしく思いますが、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて自分の手で作るというのも気持ちが込められて良いものだなと思いました。

なかなか現代では手作りでお供えする家庭も少なくなってきているとは思いますが、自分たちで作ったおはぎなどをお供えしてみるのも良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です