お彼岸ていつ?どんな意味があるの?お墓参りに行けない場合は?

お彼岸の時期になるとスーパーなどでおはぎなどが販売されたりして、もうすぐお彼岸か…なんて考えたりしますが、「お彼岸」って一体どんな日なのでしょうか?

お彼岸の意味といつごろのものなのかなど、お彼岸についてのお話しです。

・お彼岸はいつ?
・お彼岸の意味とは?
・お墓参りに行けばい場合どうしたらいいの?

以上の3点についてお話していきます。

スポンサードリンク

お彼岸っていつなの?

お彼岸は春と秋の2回があります。春分の日と秋分の日を中日として、その前後を合わせた七日間を彼岸といいます。春分の日と秋分の日はその年により変動しますが、2015年のお彼岸は以下のとおりです。

◆春彼岸
3月18日 彼岸入り
3月21日 彼岸の中日(春分の日)
3月24日 彼岸明け

◆秋彼岸
9月20日 彼岸入り
9月23日 彼岸の中日(秋分の日)
9月26日 彼岸明け

春彼岸と秋彼岸にお墓参りに行く意味や、お彼岸というのはどんな意味があるのか事項でお話していきます。

お彼岸の意味とは?

「彼岸」という語源は梵語のパーラミター(波羅蜜多)の漢訳の「到彼岸」からきています。

到彼岸というのは、彼(か)の岸に到るという事で、彼(か)というのは“あちら”という意味を持ちます。反対に私たちの住む世界は此岸(しがん)と言います。

お彼岸は煩悩や迷いに満ちた世界(此岸)から煩悩や迷いの無い世界(彼岸)へ至る。という意味を持っていて、煩悩や迷いを越えて到達する悟りの境地のことを言います。

煩悩や迷いの無い世界というのは極楽浄土の事ですね。

お彼岸は日本だけの行事となっていて、仏教行事の一つとなっています。日本では仏教が広がる以前から、この時期には祖先や自然に感謝するという習慣があったようです。

仏教行事の一つとして行われ始めたのは平安時代ですが、民衆の間で広まり今のような形になったのは江戸時代になってからです。

どうしてお彼岸にはお墓参りをするようになったのでしょうか?

春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。この日は此岸と彼岸が最も通じやすくなるという考えから先祖供養をするようになったと言われています。


お墓参りに行けない場合はどうすればいいの?

お彼岸はご先祖様に感謝の気持ちを伝える為にお墓参りに行きますが、遠方に住んでいる場合などはなかなか行けない事もありますよね。

そのような場合はどうすればいいのでしょうか?

お彼岸の期間には行けないけどその前の期間などに時間を作り足を運ぶのが良いですが、どうしても行けない場合はお盆やお正月の帰省した際にお参りやお掃除を念入りにしましょう。

親戚などには「お墓参りに行けなくてすみません。帰省した時にお参りさせてください。」などと一言連絡しておくと良いでしょう。お供え物などは必ず送らなくていけないという決まりはなく、一度始めると毎回送り続ける事になりますので、無理に送る必要はありません。

足を運べず心苦しい時はお菓子などをお供え物として送るというのも一つの案です。


まとめ

お墓参りはご先祖様の供養だけでなく、感謝の気持ちを伝え自分を見つめ直す良い機会ですので、遠方でなかなか行く機会が少なくなってしまっても、帰省した際にはお墓参りに行くようにしたいものですね。

年に数回でも顔を見せにご挨拶に行くだけでもご先祖様は嬉しいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です