洗濯物のニオイの原因とは?ニオイの取り方と洗濯の注意点は?

部屋干しをした時や、ちゃんと洗ったはずなのついてしまう洗濯物の嫌なニオイ。

ちゃんと洗ったはずなのにどうしてニオイがついてしまうの?

嫌なニオイの原因は一体何?今回は洗濯物の気になる“ニオイ”について。

・洗濯物のニオイの原因とは?
・気になるニオイの取り方とは?
・洗濯の時の注意点は?

なかなか取れないニオイの取り方や、ニオイをさせない洗濯方法の注意点などをまとめてみましたので、ご参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

洗濯物のニオイの原因とは?

「このタオル洗ったばかりなのに何か臭い!」なんて経験ありませんか?

生乾きのような臭いの原因は皮脂や汗のたんぱく汚れが十分に落ちていない事で菌が繁殖してニオイの原因となることもあるんです。

更にせっかくお洗濯をしても乾くまでに時間がかかってしまうと菌の繁殖でニオイの原因ともなってしまうんですね。洗濯は終わっているのに洗濯機の中から出さずに置いていたり、洗濯機の中に脱いだものを入れておくと、洗濯機の中は雑菌の宝庫となってしまいます。

長い時間洗濯機の中に入れておくというのは禁物ですので、洗濯物を入れる別のカゴなどを上手に使い雑菌の繁殖を防ぎましょう。


気になるニオイの取り方とは?

洗濯物に一度付いてしまったニオイって、なかなか取れなくて困ってしまいますよね。

洗濯の時になかなか乾かなくてニオイがついてしまった…という場合には、50℃位のお湯にニオイのする洗濯物を30分程浸けておきます。熱いお湯でニオイのもとである菌を死滅させてしまう方法です。30分経ったらいつものようにお洗濯をします。この時に他の洗濯物と洗濯してしまって大丈夫です。

“このタオルいつもニオイがするな…”などという場合は、ニオイが染み付いてしまっていますので、酸素系漂白剤を使います。

染み付いてしまった匂いを取るには酸素系漂白剤で浸け置きをしてニオイを根こそぎ取り除きましょう。粉末状洗濯洗剤と粉末状の酸素系漂白剤に50℃程のお湯に入れて20分ほど浸けおきします。

この時ニオイを取りたい洗濯物がいくつもある場合は、お風呂に洗濯物をまとめて入れてお湯を入れるというのも良いです。浸け置きをしたあとに洗濯機で洗濯をしましょう。


洗濯時の注意点とは?

ニオイをさせないためにはどのような事を注意すれば良いのでしょうか?

上記でも少しお話しましたが洗濯機を洗濯カゴ替わりにして、洗濯物を入れておくというのは菌が繁殖してしまうのでよくありません。洗濯するときに初めて洗濯機に入れるというのがポイントです。

そして一度の洗濯にたくさんの衣類を洗濯するとしっかり洗えず汚れがきちんと落ちていないという事も考えられます。一度に行う洗濯量には気をつけましょう。

洗濯が終わったらとにかくすぐに干すこと。蓋を閉めたまま長い時間放置するというのは菌の繁殖をお手伝いしてしまいますから、なるべく早く洗濯機の中から出すようにしましょう。

蓋を開けておいたり、洗濯かごに移しておくなど乾燥させるようにしておかないとニオイの原因になってしまいます。ニオイをさせないためにはとにかく「風通しよく」がポイントとなります。


まとめ

梅雨の時期には雨の日が多くなかなかお洗濯も乾きにくくなりますが、それ以外の時にでも忙しくて洗濯機に入れたままになってしまったり…とニオイの原因となる事があります。

ちょっとしたポイントに気をつけていつでもいい匂いの洗濯物を仕上げたいですね。

私は個人的には忙しい時には、洗濯物の終了合図がしたら一度カゴに移して置いておきます。長時間でなければニオイはつきませんので、なるべくすぐに干すようにしています。

これからは雨の時期も増えるので部屋干しの工夫と共に、ニオイ対策をしていきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です