紫外線アレルギーとは?どんな症状が出るの?UV対策法は?

私たちもよく耳にする紫外線。この紫外線によるアレルギーがあることをご存知でしたか?

花粉症などのアレルギーと同様に紫外線によって引き起こすアレルギーが存在するんです。今までは平気だったのにある日突然アレルギー症状を引き起こすということも少なくないようですよ。

・紫外線アレルギーとは?
・どのような症状が出るの?
・UV対策法はどうすればいいの?

紫外線アレルギーについてのお話しです。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーとは?

最近では花粉症の方が増えていますが、花粉症もアレルギーです。花粉症だけでなく食物、ダニ、ハウスダスト、薬物、そして紫外線などがアレルギーの引き金となります。

紫外線アレルギーは日光過敏症や、日光性皮膚炎、日光アレルギーなどと呼ばれることもあり、紫外線や、日の光が原因でアレルギー反応を引き起こします。

普段私たちが浴びても問題のない紫外線量だったとしても、アレルギー体質の方にとっては皮膚に異常反応がが起こってしまいます。

では一体どのような症状が出るのでしょうか?


どのような症状が出るの?

紫外線アレルギーの主な症状は、皮膚に現れる症状と目に現れる症状などが多いのですが、中には頭痛や全身の倦怠感、嘔吐などを引き起こしてしまう場合もあるそうです。

◆皮膚

・赤くなる
・じんましん、水ぶくれ
・かぶれ、腫れ

◆目

・目の腫れ
・充血
・涙が出る
・異物感

皮膚に現れる症状は、紫外線を浴びた部分だけに症状が出た場合は紫外線アレルギーの疑いがあるそうです。その部分だけがかぶれたり発疹が出たりすると、紫外線によりアレルギーが引き起こされた可能性が考えられます。

目などは紫外線を浴びてしまうと日焼けするとも言いますが、炎天下の中過ごした後に目が充血していたことありませんか?同様の症状ですが、アレルギーの場合は涙が出て止まらなかったり異物感を伴ったりするようです。

この紫外線アレルギーの原因は「内因性」と「外因性」の2つに分けられます。

内因性は紫外線に対する抗体量が超えてしまいアレルギーを引き起こす場合や、もともとの体質であったり代謝異常に関わってきます。ビタミンやミネラルの不足も原因としてあげられます。

外因性は日焼け止めや服用した薬などが原因となりアレルギーを引き起こす場合です。日焼け止めを塗った際や、薬を服用した際に紫外線を浴びた事によりアレルギーを発症するというケースもあるようです。


UV対策法はどうすればいいの?

できることなら紫外線を浴びないというのが一番ですが、アレルギー反応が現れてしまう場合は早めの紫外線対策が必要になってきます。春先から紫外線対策をはじめ、なるべく肌に紫外線が当たらないようにしていきましょう。

ではどのような対策方法をしていけば良いのでしょうか?

・日焼け止めクリーム
・日傘
・アームカバーや長袖のもので対策する
・帽子の着用
・窓に紫外線カット機能のあるフィルムを貼る
・紫外線カット機能のあるカーテンを使い、閉めておく

紫外線量が多い10時~14時までは外出は控え、なるべく紫外線に当たらないようにしたり、日傘や帽子など紫外線をカットする小物たちを上手に使い対策をしましょう。

自宅の窓からも紫外線は降り注いでいますので、アレルギー症状がひどい場合は紫外線カットフィルムやカーテンを使用する必要もあります。

曇りの日でも紫外線には注意が必要ですので、帽子や日焼け止めは曇りの日でも紫外線対策は忘れないようにしましょう。

まとめ

紫外線によるアレルギーは秋や冬などは紫外線が弱まり、長袖などで対策されていますが春先や夏場には一気に紫外線量が増えますので少しでも「あれ?」と思うことがありましたら自分で判断せずに、お医者様に見てもらいましょう。

花粉症も近年ではある時期から突然なる場合が多く見受けられますが、紫外線アレルギーも同様にある日突然なるということも考えられます。

少しでも以上を感じたら専門医の方にご相談してみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です