防災の日と防災週間はいつ?由来とは?

ニュースなどで「防災の日」というワードはきくけれど、実際どのような日なのかご存知ですか?

近年では自然災害によるニュースが増えてきていますから、あらかじめその時のために準備しておくことも必要ですよね。

今回は防災の日についてのお話し。

・防災の日っていつ?
・防災の日とは?
・3月11日も記念日になるの?

スポンサードリンク

防災の日っていつ?

防災の日は毎年9月1日と制定されてます。

これは昭和35年に制定されており、伊勢湾台風が襲来した翌年に閣議決定し制定されています。それとともに防災の日を含む、8月30日~9月5日までの一週間を防災週間としていて、多くの国民が災害についての認識を高めることなどを目的とした運動期間としています。

では防災の日はどうして制定されたのでしょうか?

防災の日とは?

防災の日が制定されたのは昭和35年。大正12年の9月1日、午前11時58分に震度7の大地震が関東を襲い142,807名の尊い命を失いました。これを教訓として政府や地方公団や多くの国民が、台風・豪雨・洪水・地震・津波などの災害について認識を深める事と、このような災害に対する備えを強化し未然に防止する事や被害軽減に役立つようにという目的で、伊勢湾台風が襲来した翌年に閣議決定し制定されました。

そして防災の日は9月1日に制定されていますが、もう一つの9月1日は「二百十日」と言われています。9月1日は立春から数えて二百十日です。この頃は多くの台風が来襲すると言われており、この二百十日の時期は一年間かけて育てた農作物の収穫時期という重要な時期でもあります。

しかし台風の襲来により作物がダメになってしまい一年の努力が無駄になってしまうという事もあったのです。

この他にも9月1日には様々な台風による災害が多く起こっているため、大きな被害を二度と起こさないようにと防災の日が制定されています。


3月11日も記念日になるの?

政府が定めている「記念日」というのは、防災の日同様国民が何かに対しての認識や理解を深めるためを目的として制定されています。

記憶にも新しい3月11日を、新たな記念日として制定するのではないかとされています。

東日本大震災の試練から得た貴重な教訓を記録に残し、各世代がしっかりと受け継いで災害の絶えないわが国に役立てしていくことは極めて重要と述べ、検討していきたいとなっているようです。

記念日というととても違和感がありますが、防災の日と同様に国民が認識を深め各世代に伝えていくという目的としては、とても重要な日となりえます。


まとめ

自然災害外が起きやすい国だからこそ、ひとりひとりが認識し被害を軽減するために必要な日といえますね。各世代で起きた災害を忘れないためにもこのような制定は必要なのかもしれませんね。

政府が定める防災の日の他にも各県でも防災の日を制定しており、それぞれ各地で起きた災害の日にちなんで制定されています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です