お中元の贈る時期はいつ頃?気になるマナーと相場は?

お世話になった方への、感謝の気持ちとしてお贈りするお中元。

今までデパートに並び始めてから、なんとなく“お中元の時期かぁ…”
なんて思っていたけど…

実際に自分が贈ることになると、時期っていつ頃が正しいの?

気になるマナーの事や、相場ってどれくらいなんだろう?

と、次々疑問が浮かんできちゃいますよね。

今回は、そのお中元についてのお話しです。

スポンサードリンク

お中元の正しい時期っていつ頃なの?

デパートなどに行くと、7月頃にはお中元のコーナーが作られていて
売り場を目にすると、そろそろかな?と思いますよね。

お中元を贈る時期ですが、関西と関東で贈る時期が異なるのをご存知でしたか?

◆関東では7月初旬~7月15日までの間。

◆関西では7月下旬~8月15日までの間。(お盆を8月に行うため)

このように、時期がずれているのが分かります。

関西の方が関東の方へ贈る際は、6月の下旬頃には用意しておいたほうが
良さそうですね。

万が一時期を逃してしまった場合ですが、立秋である8月7日までは
『暑中御見舞』として。

それを過ぎてしまったら『残暑御見舞』として、贈るのが良いようです。

贈る時期を外さない為にも、しっかり覚えておきたいですね。


贈る時のマナーは?

お中元は日頃の感謝の気持ちを込めたり、これからも宜しくお願いしますという
気持ちを込めて贈ります。

本来であれば、風呂敷に包み持参するのが正式なマナー。

しかし最近では、遠方であったり忙しいという理由から宅配便で
贈るケースも増えてきています。

宅配便で贈る場合は、送り状を添えましょう。

送り状には日頃の感謝の気持ちと、お中元を贈ったことを
はっきり書くようにします。

訪問する際には、早朝や食事時は避けるようにしましょう。

相手の都合を伺わず、急な訪問の場合は
『玄関先ですぐに失礼しますので』や『これから伺います』など
連絡を言れるのがベターです。

☆気になるポイント☆

お中元は喪中でも贈って良いの?

お中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので
贈り手と受け手の、いずれかが喪中でも問題はありません。

ただし初七日が終わっていないうちや、法要の日に持参するのは
避けましょう。


お中元の相場ってどれくらい?

お中元に限らず贈り物となると、どれくらいが相場なのか気になりますよね?

安っぽいものだと失礼ですし、あまり高価なものだと
相手に気を遣わせてしまうかも知れません。

一般的には3,000円~5,000円くらいが相場だとされています。

実際には、贈る相手によって金額は変わります。

お中元とは毎年贈るものですので、高価なものを贈るとなると
毎年贈るのも負担になってしまいますよね。

更に目上の方にあまり高価なものを贈る事や、一度だけ贈るという行為も
失礼にあたりますので注意しましょう。

一般的な例としては、親戚や知人などは3,000円~4,000円前後、
上司や仲人、目上の方など深くお世話になっている方は5,000円前後、
特別にお世話になっている方へは10,000円程と言われています。

しかし実際に10,000円程の物を頂いた場合、負担に感じる人も
少なくありません。

5,000円より少し高めにとどめておいたほうが無難かもしれませんね。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

いざ自分が贈る側の立場になると、意外と知らない事ってありますよね。

贈る時期や送る際のマナー、相手によってどのくらいの贈り物にするか?

注意点を踏まえつつ、日頃の感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

贈る方の家族構成などを参考にして、商品を選ぶのもポイントです。

最近では色々なお中元用商品が出てきているので、家族構成や
好みを把握しておくと選びやすいですし、喜ばれる物をチョイス出来ますよね。

お中元前にチェックしておくのも良さそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です