五山の大文字送り火の意味とは?2015年の日程と場所。

京都の夏の風物詩として有名な五山の大文字送り火。山の上に大きな大の字が火の文字で描かれ、夏の夜の景色に燃え盛る「大」の文字はとても幻想的なものですよね。

しかしあの大文字にはどのような意味があるのでしょうか?

今回は夏の風物詩のひとつである大文字の送り火について。

・大文字の送り火の意味とは?
・2015年の日程はいつ?
・場所と鑑賞スポット

まだ見たことがない人も今年は大文字を見にお出かけしてみましょう。

スポンサードリンク

大文字の送り火の意味とは?

夏になると行われている大文字の送り火は今ではとても有名な行事の一つですが、実はその由来や起源というのは謎に包まれているんだそう。平安京ではほとんどの行事ごとや風物は朝廷などの公式な記録が残っているようですが、大文字の送り火は公式記録がないため、誰がどうして何のために始めたことなのかは分からないままなんだとか。

“民衆による自発的な行為だったため記録されなかったのではないか”とも言われ、昔の京都のほとんどの山々では送り火が燃やされていた時期もあるとも伝えられているそうです。

とはいえ大文字が行われるのはお盆時期のことなので、日本人とお盆の関係が関わってくると考えられています。お盆にはご先祖様をお迎えしその後再び冥土に送るという意味を持つ儀式として、“迎え火”や“送り火”などがあります。京ではこの五山の送り火によってお盆の行事が終わります。


2015年の日程はいつ?

五山の送り火は毎年8月16日お盆の終わる時期に、五ヶ所の山々で行われています。どの送り火も日付は2015年は8月16日ですが、点火時刻が異なります。

◆大文字「大」
場所:東山如意ケ嶽
点火時刻:20:00点火
護摩木:300円

◆松ヶ崎妙法「妙」「法」
場所:妙 松ヶ崎山、法 東山
点火時刻:20:05点火

◆船形万燈籠
場所:西加茂船山
点火時刻:20:10点火

◆左大文字
場所:大北山
点火時刻:20:15点火
護摩木:300円

◆鳥居形松明
場所:曼茶羅山
点火時刻:20:20点火
護摩木:300円

それぞれ5分差で点火しますので、点火され燃え広がる様子を見逃さずに済みそうですね。点火してからは30分~1時間ほどは燃え続けていますので各山々の文字をそれぞれ楽しむことができますよ。


場所と鑑賞スポット

どうせなら一度に全て見たい!と思うところですが、それぞれの山々は距離があり全ての送り火を絶好の場所で見るのはなかなか難しいもの。全てを見たい場合は市内のホテルの最上階レストランやスカイレストランなどを利用すると楽しむことはできます。

それぞれどの送り火を鑑賞したいか絞るのが、神聖な雰囲気を味わいながら見ることができるポイント。

◆大文字:鴨川堤防沿い周辺、京都御苑

◆妙法
妙:北山通
法:高野川堤防沿い周辺、松ヶ崎大黒天交差点付近

◆船形:御薗橋、北山通

◆左大文字:西院~金閣寺周辺、平野神社

◆鳥居形:広沢の池、松尾橋、渡月橋

鳥居形では点火と同時に広沢の池で灯篭流しが行われますので、送り火と灯篭が夜の闇に光を灯し幻想的な灯りに包まれます。広沢の池まで足を運んでこの幻想的な風景を見るのもお勧めです。

まとめ

夏の風物詩の送り火ですが真っ暗な空に浮かぶオレンジの炎は、お盆と関係しているせいかより神聖で幻想的な印象を与える行事ですよね。京の町で見る送り火も良いですが、個人的にはやはり広沢の池の送り火と灯篭の、温かな光がとても大好きです。

水辺に浮かぶ灯篭は少しさみしげな気持ちにもなりますが、池に映るゆらゆらと揺れる灯りはやはりどこか幻想的ですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です