胃腸も夏バテをする?原因と解消法は?

暑い時期が続くようになると、夏バテや熱中症など暑さにまつわる不調をよく耳にするようになりますね。毎年夏バテになると胃もたれを起こしたり、吐き気がしたりという胃腸の不調を訴える方も多いようですが、夏バテは胃腸にも起こるようです。

今回は胃腸の夏バテについてのお話しです。

・胃腸も夏バテをする?
・胃腸の夏バテの原因とは?
・胃腸の夏バテ解消法は?

夏を元気な胃腸と体で乗り切るために、参考にしてみてください。

スポンサードリンク



胃腸も夏バテをする?

夏場はいつもよりも冷たいものを食べる機会が増えたり、冷たい飲み物を飲む回数が増えることで胃が弱りがちになってしまいます。そして暑い夏場は冷たい麺類で食事を済ませることが多くなる方もいると思いますが、冷たい麺類の食事が続いてしうと胃が冷やされ機能が低下するうえに、栄養不足も重なるため倦怠感が抜けなかったり、胃腸の不調へと繋がることも。

そもそも胃もたれとは、不規則な生活や食べ過ぎ、ストレスなどによって一時的に胃の働きが弱ってしまい消化が十分に行われなくなった状態のことです。意に負担がかかった状態が続くと胃痛や胸焼けなど様々なトラブルを引き起こしますので、夏場は特に胃の負担を考えた食べ方や食べ物など気を遣う必要があります。


胃の夏バテの原因って何?

夏場のこの時期は冷房の効いた室内と、外気の温度の差が激しい季節となります。この温度差の繰り返しで体に負担がかかかり、自律神経が乱れが胃の働きを低下させることも考えられます。

私たち人の体は自律神経の働きによってコントロールされていますので、夏の暑さや冷房などの影響で自律神経がオーバーワークになってしまうと、バランスが乱れてしまい不調を引き起こす原因となります。

この胃腸が弱った状態で冷たい飲み物やビールをたくさん飲んでしまうと、胃を壊したり下痢を起こしたりしてしまいます。さらに胃腸の温度も下がりますので、それによって消化器官の働きまで低下してしまうのです。

胃腸の働きが低下してしまうと体力減少、疲労蓄積などが起こりますます自律神経の働きが鈍くなってしまうのです。

この悪循環を早い段階で抜け出すためにも、胃腸の夏バテかも?と思ったら早めの胃バテ解消をしてあげることが重要です。


胃腸の夏バテ解消法とは?

どうしても胃腸の不調が続くときに気をつけたいポイント!

食べ物+飲み物のバランス

特に暑い日の続くこの時期には、飲み物と食べ物の組み合わせに気をつけたいところ。

1日頑張った仕事終わりには、キンキンに冷えた冷たいビールを飲んで、お肉を食べて元気を!なんて思うところですが、脂は消化が悪く冷たいビールと一緒に食べる事で更に消化が悪くなってしまいます。

冷たいビールを飲む時には胃を冷やしたり、負担をかけないように温かい料理と組み合わせ消化の良い食べるようにするなど、食べ物と飲み物の組み合わせで、胃に負担をかけないようにすることも大切です。 

ビタミンB1を摂ろう

そして夏場の発汗でビタミンB1が失われると体内に疲労物質がたまり、胃腸の消化力や吸収能力が衰えてしまいます。ビタミンB1を多く含む豚肉や胡麻などを意識的に食べるようにしましょう。

豚肉は夏を乗り切る健康食材の一つで、体の熱を下げる効果もありますので意識的に摂るようにしましょう。

食欲回復には常温のトマトを

食欲不振の時には常温のトマトを食べると、胃に働きかけ食欲回復をしてくれます。トマトにはビタミン類や水溶性食物繊維のペクチン、カリウムなどが含まれ栄養価に優れています。

冷たいトマトは食欲増進に一役買ってくれます。冷えたトマトが口の中で爽やか感が広がる事で、神経を鎮める効果もあります。食欲も出て夏バテにも効く万能食材の一つです。

柑橘類でクエン酸摂取

夏バテ、疲労回復にはグレープフルーツやレモンなどの柑橘類に含まれるクエン酸を摂取しましょう。水分量も多く体に浸透しやすく、夏の疲れを癒してくれます。

まとめ

夏場は特に元気の素(栄養)となる食べ物を意識的に食べるようにして、胃腸を元気に保ちたいですね。

香辛料などは食欲を促進してくれ、胃の働きを良くしてくれる効果があることから消化の手助けをしてくれます。夏カレーなどはこのような効果から、多く見られるようですね。

体を元気に過ごすためには、胃腸の元気からですので、負担をかける食生活には気をつけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です