紫外線対策の日傘の効果的な色とは?上手な選び方とは? 

お肌を紫外線から守ってくれる日傘。

これからの季節は必需品となりますが、どのような日傘が効果的に紫外線から守ってくれるのでしょうか?日傘を選ぶ上で知っておきたいポイントです。

・紫外線対策で効果的な日傘の色とは?
・日傘選びのポイントは?
・日傘は曇りの日も必要?

日傘選びの参考にしてみてください。

スポンサードリンク



紫外線対策で効果的な日傘の色とは?

日傘を選ぶときに気になるのはより紫外線から守ってくれるのは何色なのか?主に白か黒かで迷うことが多いと思いますが、白と黒ではそれぞれ特徴が異なります。

白の日傘
・光を反射して紫外線をカット
・照り返しは防げない

白の場合は見た目も涼しく可愛く使えますが、色の特徴としては光を反射して紫外線をカットしているため上から降り注ぐ紫外線は反射させてカットできますが、地面からの照り返しには対応しきれません。



黒の日傘
・光を吸収して紫外線をカット
・照り返しは日傘の内側で紫外線を吸収しカットする

黒の日傘の場合は全体が真っ黒で白に比べると涼やかさは劣りますが、黒の最大の特徴である光を吸収して紫外線をカットしているため、お肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。照り返しも内側の黒色で吸収してくれる為、白よりも黒の方が紫外線カット率が少し高くなります。

淡い色よりも濃い色の方が紫外線を防ぐ効果は高くなりますが、どちらもUV加工がされていれば大差はないようです。どうしても紫外線を浴びたくない!というようであれば黒色など濃い色のUVカットのものがより効果的に紫外線からお肌を守ることができます。



スポンサードリンク



日傘選びのポイントは?

まず日傘を購入する際にはどのような用途で購入するのかを考えましょう。紫外線対策用なのか、暑さ対策なのかによって選ぶべき日傘が異なってきます。

日傘には遮光率とUVカット率の二種類があります。

遮光率とは太陽の照りつけるまぶしさや暑さかを和らげてくれる効果のことで、この遮光率効果の高い日傘には熱がこもりにくい麻や綿などの素材で白やレースデザインで通気性の良いものが良いでしょう。

UVカット率とはその名の通り紫外線防止のための効果で、最近ではUVカット加工がされていますので99%カットや100%カットのように、カット率も表示されていますので数値の高いものを選びましょう。

紫外線防止のために日傘を選ぶときは、傘の内側の色が重要です。アスファルトの照り返してきた紫外線からもお肌を守らなければなりませんので、内側の色は黒に近い色のものを選びましょう。


上記のように外側と内側の色が異なったコンビネーションタイプのカラーで、涼しげに見えながらもきっちり紫外線カットしてくれるものも多く売られています。


日傘は曇りの日も必要?

雨が降りそうな梅雨時期や、曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。特に5月、6月は油断してしまいがちですが紫外線の強さは7月や8月と変わらないので日傘をさしましょう。

曇や雨の日の一日の紫外線量の平均は少なくはなりますが、雨の日は晴れた日の約2割ほど、曇りの日は6割ほどの紫外線が届いているんだそうです。『曇りだし大丈夫』なんてことはありませんので、曇りの日でも紫外線対策は必要と言えます。


まとめ

これから手放せなく日傘ですが、やっぱり可愛いデザインのものを使いたいと思いますよね。

最近ではUV加工がされていて、更に外側と内側の色が異なるデザイン性の高いものも多いのでどのようなデザインにするか目移りしてしまうほどですね。

暑さ対策や紫外線対策と同時にファッションアイテムにもなるものが多いようですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です