カビに効果的なのはエタノール?予防効果は?

生えてしまったカビを取り除くときも、その後の予防にもエタノールが効果的とご存知でしたか?聞いたことはあるけど実際どうすればいいのか気になりますよね。

今回はこれからの季節に私たちを悩ませるカビのエタノールを使った対策法。

・エタノールのカビへの効果とは?
・カビを除去する時の注意点は?
・カビ予防にエタノールスプレー

以上の3点について。エタノールスプレーでこの時期のカビを退治しちゃいましょう。

スポンサードリンク

エタノールのカビへの効果とは?

なぜカビ対策にエタノールなのでしょうか?

エタノールとは注射をする前などに肌に直接塗られたことのあるあれです。エタノールには殺菌効果がありますが、カビに対する働きはカビのたんぱく質を分解してくれる効果があります。カビの除去には効果抜群の成分と言えます。

薬局などで購入することができるのですが、主に2種類のエタノールが販売されています。一つは無水エタノールというもので、99%がエタノールのもので、二つ目はエタノールを80%に薄めた消毒用のエタノールです。

無水エタノールは一見薄まっていないから効果が凄そう!と思いがちですが、実は水分を含んでいないエタノールには殺菌効果がありません。そのため、無水エタノールを使用する場合は水で薄めてから使用する形になりますので、カビ対策用としてエタノールを購入する場合は80%に薄めてある消毒用エタノールを購入しましょう。

エタノールの殺菌効果が最も効果的なのは75%~80%に薄められているものです。


カビを除去する時の注意点は?

カビを発見した際にすぐに拭き取らなきゃ!と焦ってはいけません。

カビ掃除の時にも気をつけなければいけないことがあります。例えば水で濡らした雑巾などでカビを拭き取るのはNGです。水拭きをしてしまうと水を含んだ雑巾の湿気で更に菌が繁殖してしまいます。

更に乾拭きはカビの胞子を空気中に飛ばしてしまうことになります。

そこで有効的なのがエタノールです。

カビ部分にエタノールをスプレーし、固く絞った雑巾でカビの生えた場所をそっと静かに拭き取ります。カビを取り除いたら、カビの生えていた部分に再度エタノールをスプレーしておきましょう。

エタノールはアルコールですので火の気の無い所で使用し、使用する際は十分に換気することが重要です。




エタノールスプレーでカビ予防

カビの予防にも効果があるエタノール。お風呂場や壁紙などカビの気になるところに、あらかじめスプレーしてカビが生えるのを防いでくれる働きがあります。

お風呂場は使用した後には必ず汚れを流しましょう。石鹸カスなどが原因となりカビが繁殖してしまいますので、使用したあとやお掃除のあとはきれいに洗い流すことが重要です。そのあとにエタノールのスプレーをしておけば、カビの繁殖が抑えられます。

壁の場合も拭き取ったあとにスプレーしますが、壁の場合何度掃除をしても毎回同じところに生えてしまう場合は壁紙の下にカビが繁殖している恐れがあります。

どちらの場合も換気は重要なポイントです。エタノールを使用するからという理由だけでなく、カビを繁殖させない重要ポイントは換気ですので、カビの生えやすい場所はこまめな換気を心がけましょう。




まとめ

日頃から換気やキレイに流すことを心がけていると、お風呂場のカビの繁殖が激減します。エタノールで予防することで、更に今よりもお掃除の回数を減らすことができそうですね。

フローリングなどに使用する際には、色落ちの原因となることもありますので目立たないところで一度試してから使用してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です