長岡花火大会2015年の日程は?お勧めスポットと見所は?

夏になると数々の場所で行われる花火大会。一度はその花火大会を見ようとツアーを組み全国から人々が訪れる程の大きな花火大会を「日本三大花火大会」とよんでいますよね。

その中のひとつである長岡大花火大会は、唯一競技ではない花火大会で“慰霊と復興”の願いが込められた花火大会として知られています。

今回はその長岡花火大会について。

・長岡花火大会とは?
・長岡まつりと花火大会の2015年の日程は?
・打ち上げ場所とお勧めスポットは?

今回はこの長岡花火大会についてのお話しです。長く歴史のある花火大会だということをご存知でしたか?

スポンサードリンク

長岡花火大会とは?

日本三大花火大会の一つあり、歴史と伝統をもつ花火大会として知られています。始まりは空襲から1年後である昭和21年の8月1日に『長岡復興祭』として行われました。このお祭りによって長岡市民は心を慰められ、それから長岡まつりが行われるようになりました。

空襲で亡くなられた方々への慰霊の念や、平和への願いなど様々な想いを込め長岡まつりは行われています。8月1日の午後10時30分には空襲で亡くなられた方々へ慰霊の念と復興に尽力した先人への感謝の気持ちを込めて白一色の三尺玉を三発打ち上げ、市内寺院の協力を得て同時刻に慰霊の金を鳴らしているんだそうです。

長岡まつりが行われるのは8月の1日から3日までの3日間。1日の前夜祭から始まり、2日と3日の2日間に渡り行われる花火大会は合計約20,000発もの花火が夜空を彩ります。スケールの大きさや、打ち上げられる花火の種類も豊富な事から毎年ツアーなどで全国から大勢の観客が押し寄せます。

中でも直径650mのナイアガラや、色とりどりのスターマインを同時に打ち上げるワイドスターマインなどが大パノラマで見れとても美しいですよ。そして絶対見逃せないのは、超ワイド型スターマイン“フェニックス”。大パノラマで夜空一面に広がる花火は繊細でとても力強く、本当に感動しますよ。

長岡 花火




長岡まつりと花火大会の2015年の日程は?

長岡まつり2015年の開催日は
・前夜祭 8月1日
・2日 昼行事 花火大会
・3日 昼行事 花火大会

花火の打ち上げは2日、3日両日とも19時25より開始で、21時10分までとなっています。(悪天候の場合は順延)

◆有料チケット

5月1日から抽選の応募が開始しており、5月20日17時の締切となっています。先着順ではなく、期間内の申し込みでの抽選となっています。

チケットのお申し込みはこちらをご覧下さい
→『長岡まつりチケットセンター



スポンサードリンク

打ち上げ場所とお勧めスポットは?

長岡花火大会の開催場所は長生橋下流、信濃川河川敷となっていて、有料の席の他にも無料の席も充実しています。花火大会を行う場所も広域のため、観覧場所も河川敷ということもありそれなりに良い場所から花火を見ることが出来るのが特徴です。

観覧場所は左岸の長岡IC側と右岸の大手通り側に分かれます。どちらも花火自体はよく見えますが、それぞれより綺麗に見える花火が異なります。左岸ならばスターマインなどの花火が大迫力で見え、右岸ならフェニックスや三尺玉が綺麗に見えます。

花火の迫力を楽しみ、スターマインを綺麗に見たい!と思う方は方は左岸、フェニックスなどをワイドで綺麗に見たい方は右岸をお勧めします。

この花火大会にはフェニックス席というものがある程なので、見所はなんといってもフェニックス。夜空一面に広がるさまは、本当に大きな花のように広がりとても綺麗です。消えてゆく時でさもキラキラとして消えてゆくのが、また美しさを引き立てます。


まとめ

本当に様々な種類の花火が打ち上げられるので、花火ってこんなに綺麗だったのか!と改めて美しさを実感することのできる花火大会だと思います。各地で行われる花火大会の花火ももちろん綺麗ですが、ここまでワイドで大迫力で見る花火はより美しさを増し、『感動』の一言に尽きます。

色とりどりの花火が夜空を舞う姿を是非一度ご覧になってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です