黄砂の時期はいつごろ?影響は?気になる対処法。

3月頃~5月頃にかけてニュースなどでも“黄砂”とよく聞くようになりますよね。

黄砂の影響で、花粉症ではないのにくしゃみや咳が出たり
車や洗濯物がザラザラとし汚れたりと、様々な被害が出てくることも。

黄砂ってそもそも何?

いつごろの時期でどんな影響があるのか?

気になる対処法など、黄砂についての知っておきたいポイント
チェックしてみましょう。

スポンサードリンク



そもそも黄砂って何?

黄砂とは、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠など、東アジアの砂漠域や黄土地帯での
強い風により大気中に舞い上がった砂の粒子の事です。

空や空気中が黄色っぽく霞み、モヤモヤ~っとなっているのを見た事が
あると思いますが、その現象は黄砂の影響として広く知られてますよね。

東アジアを経由する低気圧の通過に伴って観測されることが多く
大気中に浮遊しながら降下してきます。

日本には春先から初夏にかけて観測される事が多いようです。




体に影響はあるの?

黄砂自体の飛散量は中国に比べるととても少ない日本。

しかし日本に黄砂が届く頃には、飛散してくる粒子が非常に細かくなっているので
気道を刺激し咳やくしゃみ、アレルギー性鼻炎や喘息などの症状を引き起こす事も。

黄砂が引き起こすとされている症状の中には、目の痒み・花粉症の悪化や
気管支炎の発症、気管支喘息、皮膚の痒みや湿疹なども挙げられています。

更に黄砂には大気中に含まれる物質を吸着する性質があるんだとか。

通過する場所などによって、カビや微生物など様々な汚染物質を取り込んで
いる場合もあります。




黄砂対策はどうすればいい?

3月から5月までの期間に黄砂が多く飛散し、特に4月頃に多いようなので
その時期には天気予報での黄砂情報のチェックは忘れずに。

体への影響が気になる黄砂の、対策などを見ていきましょう。

◆外出の際は花粉症と同様、マスクやメガネで黄砂をブロック!
マスクはウィルス対策用マスクを選ぼう!

花粉と黄砂では粒子の大きさが異なるのをご存知でしたか?

黄砂の方が粒子が細く、花粉症用マスクでは防ぐのが難しいので
花粉症用ではなくウィルス対策用がお勧めのようです。



◆うがいや鼻うがい・洗眼薬で洗い流そう!

外出先から帰宅したら、うがいや鼻うがいをして
喉や粘膜についている黄砂や、花粉を洗い流してしまいましょう。

目の痒みが出るようであれば、洗眼薬を使い目を洗うのも効果的です。

黄砂が多い日には、干した洗濯物に黄砂がついてしまう事も考えられるので
部屋での中干しをするのも、良いかもしれません。


まとめ

・日本では3月~5月頃に黄砂が観測される。

・粒子が細かく、くしゃみ・咳・目の痒みの他にも、喘息やアレルギー性鼻炎など
の影響があることも考えられる。

・マスクは花粉症用ではなくウィルス対策用

いかがでしたでしょうか?

最近では空気清浄機でも“花粉・黄砂・PM2.5”対策の物も出てきているので
買い替えの際などは、チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

黄砂の多い日は外出を控えたいけど・・・なかなかそうもいきません。

黄砂対策のご参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です