足立の花火大会はいつ?花火を見るお勧めの場所は?

2015年の花火大会情報も続々と発表されていますね。

夏の風物詩の一つである花火大会に夏のあいだに一つは見に行きたいですね。

今回は足立花火大会についての情報です。


足立花火大会の2015年の開催日は?

足立花火大会2015年の開催日は

 2015年7月18日(土) 午後19時30分~20時30分 
天候が荒れてしまった場合は翌日の19日(日)に順延となり、両日荒天の場合は中止となります。

[会場]
荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
打ち上げ場所は千住川(堤南)

[花火の種類] 打ち上げ花火、スターマイン、小型煙火、仕掛け花火(足立名物ナイアガラ)

12,000発を誇る足立花火大会は打ち上げ場所と観覧場所が近く、ダイナミックな花火を間近で楽しむことができます。土手にゆったりと座りながら見ることもできるのもポイントです。


足立花火大会の見所は?

足立花火大会の見所はなんといっても、足立名物のナイアガラ!綺麗な色の花火がナイアガラの滝のように降り注ぎ、一直線になった時には思わず歓声をあげてしまいますよ。


その他にもスターマインを数セット同時に打ち上げるワイドスターマインや、クライマックスには満開のしだれ桜が連発で打ち上げられ、荒川の夜空を彩ります。

このしだれ桜は息を呑むほど美しく、遠くからみても綺麗なんですよ。

足立花火

お勧めスポットは?

足立の花火大会は土手からゆっくり見ることもできるので、打ち上げ場所から近い場所、少し離れた場所など様々な所から楽しむことができます。

◆西新井側の河川敷

近くの荒川千住新橋緑地からも花火を見れますよ。打ち上げ場所から近いわりに、千住方面よりも混雑しておらず、ゆったりとダイナミックな花火を楽しめますよ。





◆扇大橋付近

沿線が日暮里舎人ライナーなので北千住や五反野などに比べて比較的人が少なく、空いている状態で花火を楽しむことができます。



まとめ

私は毎年近所の土手から足立花火大会を眺めていましたが、最近では高層ビルなども立ち並んでしまった事から見えにくくなってしまいました。遠目から見る時はもちろん名物のナイアガラは見えませんので、初めて会場近くで見たときはとても感動しました。

足を伸ばせる距離なら是非一度はナイアガラとしだれ桜を見ていただきたいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です