母の日の由来は?カーネーションを渡す意味は?色にも意味がある?

5 月は母の日。

母の日はお母さんに、いつもの感謝の気持ちを伝える日として
広く知られていますよね。

ではその母の日は、いつから母の日のとして知られるようになったのか?

そして何気なくあげていたカーネーションですが
色によって意味がある事をご存知でしたか?

今回はその2つについてお話しさせて頂きます。

スポンサードリンク



母の日の由来は?

母の日は日頃の母の労をねぎらい、母に感謝を表す日となっていますが
いつからの事なのでしょうか?

始まりは1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住んでいた
ある少女が母の死に遭遇した事がきっかけとなっているそうです。

生前に母を敬う機会を設けようと、働きかけた事に由来し
この一人の女性の働きかけがアメリカ全土に広がり、広く知れ渡ることになりました。

1914年には当時の大統領であったウィルソン大統領が
5月の第二日曜日を“母の日”と制定し、国民の休日となったそうです。

その時から母の日には、“お母さんありがとう”の気持ちを込めて
プレゼントやカーネーションを渡すようになったんですね。


何故カーネーションを渡すの?渡す色の意味は?

では、何故カーネーションなのか?

母の日の時期になると赤やピンク、白など綺麗な色のカーネーションが
店先に並ぶようになりますよね。

そもそも母の日はどうしてカーネーションなのか?

これは先ほどの由来のお話に関係しています。

母を敬う機会を設けようと、働きかけた女性の亡くなった母が
白いカーネーションが好きだった為、祭壇に飾りました。

この事がきっかけとなり、母が健在であれば赤いカーネーション
亡くなっていれば白いカーネーションを、胸に飾るようになったようです。

こうしてカーネションを贈る習慣に変化し、赤や白のカーネーションにも
意味が生まれたようですね。


ほかの色にも意味はあるの?

カーネーションは色によって、それぞれ違う花言葉を持っているのを
ご存知でしたか?

母の日にカーネーションを贈る時には、花言葉を参考に
どの色にするか選ぶのも良いかもしれませんね。

■赤…母への愛・愛情・真実の愛

■濃赤…私の心に哀しみを

■ピンク…感謝・暖かい心

■オレンジ…純粋な愛・清らかな慕情

■黄色…友情・嫉妬・軽薄

■白…尊敬・純潔の愛・亡き母を偲ぶ

■青…永遠の幸福

■紫…誇り・気品

以上のように、それぞれの色のカーネーションによって
様々な意味が込められていますね。

母の日には伝えたい想いに合わせて、カーネーションを選んでみて下さいね。


まとめ

このように由来を知ると、より一層『母の日』に何を贈ろうか?
どうやって感謝を表そうか?と考えてしまいますね。

今まではあまりカーネーションを贈る際に、どの色にどんな意味が有るかなど
考えずに購入していましたが

それぞれの意味を知ると、母に表す気持ちに合わせて贈るカーネーションを
選びたいなと思いますね。

普段は照れくさくて、面と向かってなかなか気持ちを伝えられなくても
カーネーションの色で、気持ちを伝えるのも良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です