大曲花火大会の開催日と場所は?持ち物は?

数々の花火大会が行なわれる中で、一度は見てみたい!と思う全国花火競技大会で最も大きな「大曲全国花火競技大会」打ち上げ総数約1万8千発を誇り、様々な花火が夏の夜空を彩ります。

一年をかけて用意した美しい花火たちが夜空を舞う姿は本当に美しく、フィナーレの連発はただただ圧倒され感動する光景になります。

今年の大会テーマは「行雲流水」“空をゆく雲や流れる水のように物事に執着することなく自然のままに身を任せる”一体どのような花火たちが空を彩るのか、今から楽しみになりますね。

スポンサードリンク

2015年大曲花火大会の開催日と開催場所は?

2015年の大曲花火大会開催日は8月22日(土)
昼花火は17時30分~18時15分、夜花火は18時50分~21時30分まで行われる予定となっています。夕方から見に行くと3時間程たっぷりと花火を堪能することができます。

雨天決行となっていますが、天候が大荒れになってしまった場合は延期となります。(延期日は未定です。)

秋田県大仙市、雄物川河川敷で行われます。

会場近くで見たい場合は桟敷チケットがありますが、これは全て抽選となります。6月12日10時~6月15日23時の期間に申込み受付をローソンチケットで行います。
[ローチケHP]http://l-tike.com/event/oomagari-hanabi/
[電話]0570-084-795

見に行くにはどうすればいい?

大曲花火大会は毎年約80万人ほどが押し寄せる花火大会です。交通規制の範囲がかなり大きく少し不便となる可能性もありますので、現地へ行くのは公共交通機関にするのがお勧めです。

・電車 JR「大曲」駅より徒歩30分

・車 秋田道大曲ICより10分

どうしても車が良い場合は、住んでいる場所にもよりますが近隣からその日のうちに車などで向かう場合ならば、朝の早い時間から行くか前日から現地に行かなければまず駐車場は満車になってしまいます。

専用駐車場は規制があるため、退場は24時まで出来なくなりますのでご注意です。花火大会当日には広範囲の交通規制もしかれますので、県外から向かう場合は昼前には県境を超えたほうが良いようです。少し離れた場所に車を停め現地には電車などで向かうのがベストでしょう。

遠方から見に行く場合はバスツアーなども既に組まれていますので、あらかじめツアーで申し込む方が宿なども手配済みなので安心です。

クラブツーリズムから既にツアーの予定が出ていますが、花火はベストポジションで見れますし出発地も様々に選べますし、バスツアーなら格安で行くことが可能ですよ。

日帰りですと15,000円程~、宿泊ですと出発地によりますが40,000円程~のプランがあり温泉を堪能するプランもあります。


持っていくと助かるアイテム

私たちが普段見ている花火大会とは規模が違いますので、当日の混雑ぶりには驚く方がおおいのでないでしょうか。当日「大変だったけど楽しかった」と思えうように、万全の準備で行きたいですね。

・飲み物をあらかじめ用意していく
来場者が多い場所となり、近所にコンビニやスーパーもありませんので当日喉が渇いた~と思った頃にはビールしか売ってない…なんて事になりかねない屋台。あらかじめ多めに飲み物を持っておくのも良いかもしれませんが、くれぐれも飲みすぎには注意です。

・予備のティッシュを持っていく
一番心配なのは会場内でのトイレ。これは仮設トイレが用意されますが、来場客には敵いませんので行列になることは必至です。暑いからと飲み物をガブガブのんでは大変なことになりますので気をつけたいところ。もちろん手持ちで予備のティッシュを持っていくようにしましょう。夜の時間はなるべくトイレのお世話にならないように気をつけたいところです。

・暑さ、寒さ対策と雨対策は万全に
昼間は夏の日差しで暑く感じますが、雨が降ってきたりした場合は寒く感じたりする事も。傘では混雑の中は使用できなく不便ですので合羽を用意していきましょう。


付近で花火の見れる場所は?

会場に行くのは少し大変だな…と思っても付近に花火を楽しむことのできる場所はあります。花火大会が行われる場所は、建物に遮らえることもなく花火を見るには絶好の場所なので少し離れた所からも楽しめます。

・仙北自動車学校付近の土手
自動車学校の近くに土手がありますがここからでも楽しむことができます。


・大曲ファミリーキャンプ場
せっかくの夏休み、キャンプを楽しみながら花火を堪能することも可能。
住所:秋田県大仙市大曲西根仁応治
電話:0187-68-4000



・大曲中学校付近の農場
人通りも少なく打ち上げ場所にも近いため鑑賞するにはうってつけの場所。




・姫神公園
バリアフリートイレもある大仙市街を一望できる場所。


最後に

大曲花火大会は私たちの近所で行われる花火大会に比べかなり大規模。街自体は大きな街ではありませんので、スーパーやコンビニも少ない上に当日は朝から交通規制が行われていたりと初めて行く場合は予想以上に困ることなどもあるでしょう。

体力的にも精神的にも大変なこともあると思いますが、花火大会は音楽と融合した大きな芸術のようなもの。震えるような感動を味わえる事は間違いなしですので、一度は見ておきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です