香典返しの時期はいつ?気になる相場と挨拶状のマナー。

できることなら身内の葬儀は無いに越したことはありませんが、避けては通れないものでもあります。初めて葬儀をする場合に、頂いた香典のお返しについていつごろ送るべきなのか?と悩んだことはありませんでしょうか?

今回は香典返しの時期についてと、お返しの相場や挨拶状など「香典返しの際の疑問」についてついてまとめてみました。

スポンサードリンク



香典返しの時期は?

香典返しとは葬儀に参列した方に贈るお礼の品でもありますが、一般的には四十九日が過ぎたあとに贈ります。古くは喪主が直接持参していたそうですが、現在では挨拶状とともに配送するのが一般的です。

会社などから香典を頂いた場合も同様で、四十九日法要後に会社などで直接手渡しするのが一般的です。しかし葬儀後から四十九日後の香典返しまで日にちが飽きますので、葬儀後出社した初日に一言お礼を述べておくようにしましょう。

四十九日を待たずにお返しをしたいという方も中にはいらっしゃいます。そういった場合は葬儀後なるべく早めにお渡しするようにしましょう。


香典返しの相場は?

香典返しの相場は一般的には「半返し」と言われています。一万円以内の香典であれば半返しの五千円の品物というような具合です。香典が一万円程までは半返しでお返しし、それ以上の金額の場合は金額に応じて三分の一返しや四分の一返しなどでも失礼にはあたりません。

香典の金額に関係なく一律の品物を用意する場合もありますが、多くの場合が頂いた香典の金額に合わせて用意します。香典は一律の金額で頂くことはありませんので、それぞれお返しの金額も異なります。頂いた香典の金額に合わせて三~四段階程の金額の品物を用意する形になります。

 当日に香典返しを贈る場合は? 
葬儀当日に香典返しを贈る場合は頂いた香典の金額にかかわらず、どなたも同じ品物をご用意します。だいたい数千円程度の予算で用意しますが、高額の香典を頂いた場合は忌明け後に改めてお礼の品を用意します。この際は香典の半額から葬儀当日にお渡しした香典返しの額を引いた金額を目安に品物を選んで構いません。


香典返し挨拶状は必要?

一般的には香典返しを配送する際には、お世話になったことのお礼や四十九日法要、納骨が済んだことのご報告と、戒名の報告などの意味を込め挨拶状を品物に添えて送ります。香典返しを承っているお店で配送をお願いする場合は挨拶状を用意していますし、無料サービスを行っている場合もあるので利用するといいでしょう。

しかし会社の方やご近所の方へ直接手渡しする際は、お礼状は不要ですので直接お礼を伝えましょう。

基本的にはお礼状はお店から直接配送するから必要なのであって、直接渡す場合には直接お礼を伝えられるので不要となります。

まとめ

葬儀の際には何かと忙しくなってしまいがちですが、今後のお付き合いなどもありますのでお礼やお返しなどはちゃんとお渡しするようにしましょう。

そして葬儀をお手伝いしてくださった方々には、早めにお礼の気持ちを伝える必要がありますので葬儀後なるべく早くにお礼をするようにしましょう。金額は気持ちですので少額で構わないようで、千円前後の予算でお返しされている方が多いようです。

グループでお手伝いしてくださった場合にはお菓子などをお送りするのも良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です