冬服コート・ダウンのしまい方と注意点は?

そろそろ春服に衣替えの季節になっていきましたね。冬の時期にお世話になったコートやダウンジャケットなどを次の時期までお安させてあげる季節。

コートやダウンなどかさばる物はどうやって収納するのか?上手な収納方法と、収納前にやっておくことの注意点をまとめました。

来年もまた着れるように綺麗な状態でしまっておきたいですよね。

スポンサードリンク



収納前の注意点は?

冬の間毎日着ていたアウターは、収納前には必ずクリーニングに出すなどして綺麗な清潔な状態にしておきましょう。収納部分は風通しが悪かったり湿気が多くなる場所である場合が多いですので、カビや虫食いの原因となります。

アウター類には湿気・汗・ニオイなどが付いていますので、清潔にしておかないとカビやダニの餌の宝庫となってしまいます。更にシミなどが付いている場合は黄ばみの原因となってしまいますので、事前にクリーニングに出しておくことがお勧めです。

自宅で洗える場合は、洗濯ネットに入れ専用洗剤を使うなどして洗濯しましょう。自宅で洗っても良いものなのか洗濯絵表示をチェックしてから正しい洗濯方法を行いましょう。クリーニングも洗濯も出来なかった!という場合は、除菌スプレーなどをかけ風通しの良い場所で陰干ししておきましょう。

収納の際に消臭剤や防虫剤は必須アイテムですので、衣類にあった物をあらかじめ用意しておきましょう。


それぞれのアイテムに合った収納方法を。

冬服はかさばるからあまり場所をとらない収納方法をしたいですよね?

素材によっては畳んで収納しない方が良いものもありますので、各お洋服にあった収納をしてあげましょう。

・畳んでもOK
生地が厚めのコート、中綿入りダウン、ニット系

・畳むのはNG
革、ファー付きアイテム、ウール、薄い生地のコート

生地の薄いコートなど畳んでの収納がNGなものは、シワになりやすい素材であるためなるべくハンガーに掛けて収納しましょう。

ダウンや厚い生地のコートなどは畳んで衣類用の圧縮袋などに入れればかさばらずに収納することができます。ニット類などもボリュームが出てしまうので、同様に圧縮袋に入れてあげると場所をとらずにしまうことができます。


衣替えはお洋服の見直し時。

衣替えを行うときは「この服は必要か?」と見直すのにぴったりの時期。整理しないでいるとどんどん増えてしまい、タンスや収納ケースがいっぱいに…なんて経験ありませんか?

不要な衣類は取っておいてもきっと出番のないままタンスの肥やしとなるだけですので、子友替えの時期に必要か不要か見極めましょう。

クローゼットの衣類を全部出して一通り見てから考えるのがポイント。意外と全部出してみると「これ着ていない服だわ!」というのが出てくるはずです。来冬も着るか処分するか、保留にしておくか判断し収納部分をスッキリさせちゃいましょう。




まとめ

この時期はクリーニング店でも「コート・ダウン○○円」などと表に価格表示を大々的にしている所も増えてきていますよね。お店によってお値段は差がありますので、出す際にはいくつかリサーチしてみることをお勧めします。

クリーニング方法やコースでお値段も変わります。

我が家のご近所では何枚かまとめて出すと一枚あたりのお値段が安くなる料金体系になっていてちょっとだけお得に済ますことができました。

来年の冬もお気に入りのコートで過ごせるように、夏のあいだはゆっくり眠ってもらうためにも綺麗な状態で収納してあげたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です