夏バテの症状と原因は?気になる解消法と対策法。

暑い季節になると体調不良を訴える人が増えます。その多くは暑さによる「夏バテ」が多いと思いますが、この夏バテは最近では色々な症状となって現れるようです。

夏バテと聞いてイメージするのはダルイ、何となく元気が出ない、食欲不振といった症状がパッと思い浮かびませんか?

しかしこれだけではなく、「これって本当に夏バテなの?」と心配になってしまうような症状もあります。夏バテ解消も大切ですが、どのような症状があるのかを覚えておいて、更にしかっかり対策もしていきましょう。

スポンサードリンク




どんな症状があるの?

症状は本当に様々で個人差がありますが、夏バテかも?と疑う自覚症状をまとめてみます。

・倦怠感 ・食欲不振 ・思考力低下

・下痢または便秘 ・不眠 ・疲労感

・イライラする ・めまい ・頭痛

・立ちくらみ ・熱っぽい ・吐き気

など、本当に色々な症状があります。人によっては浮腫んだり風邪の時のように関節が痛くなったりなどの症状を起こす方もいるそうです。

私自身夏バテを経験していますが、その時の症状は食欲不振・吐き気・倦怠感でした。毎日元気が出ず常に体が怠く起き上がるのも辛い状態でした。食事もまともに摂れず、食べようとするのですが料理の匂いで気持ち悪くなる為、ほとんど食べれない状況。

ヨーグルトさえも一口、口に運ぶと吐き気がするので飲み物やゼリー系以外はほとんど受け付けませんでした。栄養も摂れないですしどんどん体力が落ちていったので病院に行きました。

倦怠感や疲労感は、夏バテで体が怠く疲れが取れにくい症状なのに、暑さで寝不足になりがちになり更に疲れが取れにくくなるという悪循環にもなりかねません。

食欲不振も多く見られる症状ですが、自律神経の不調により消化器の機能も低下しやすくなります。


どうして夏バテになるの?原因は?

では先ほどお話したような症状はどうして出てきてしまうのでしょうか。

夏場には室内外の気温差が激しくなります。室内は冷房で涼しい環境ですが、外は日差しが強く汗が出るほど暑い環境なので、その室内と外の気温差が原因となり自律神経が乱れてしまう事が原因となります。

自律神経の調節機能が低下してしまうと、内蔵の働きを低下させてしまい食欲がなくなってしまう事にも繋がります。食欲がなくなることで十分な栄養が行き渡らなくなり疲労の蓄積や体調不良となってしまいます。

そしてこの自律神経は全身の機能に影響を及ぼしますので、体の不調だけでなく心にまで不調に陥ります。

このように連鎖して体調の悪化へとつながっていってしまう危険性のある夏バテ。「ちょっと疲れやすいな」という認識から、様々な症状へと繋がってしまいます。




夏バテ対策・解消法は?

夏バテは働いている女性に多く見られ、カラダの不調以外にも心の不調が見られるんですって。体調の悪化や心の落ち込みなどは避け、元気に夏を過ごしたいですよね。

この夏を元気に過ごすため、夏バテにならないように試したい対策方法解消方法をご紹介します。

◆激しい温度差から体を守る

まず原因となる「室内外の温度差」をなるべく少なくするために、室内での冷房は設定温度を高めに設定しましょう。温度を変更できない場合などは、カーディガンなど何か一枚羽織るようにしあまり体を冷やさないようにしましょう。

◆しっかりと睡眠

そして夏はただでさえ暑く疲れやすいですから、しっかり睡眠をとり体に疲れを残さないようにしましょう。次の日に疲れを持ち越さないように、充分な睡眠時間を確保することが大切です。

◆水分補給

夏場はよく「こまめな水分補給」と耳にしますが、これは汗により体の外に出てしまった水分やミネラルを補給することがポイント。冷たいものばかり取りすぎるのは胃腸に負担がかかりますので注意が必要ですが、熱中症や脱水症状などの予防にもなりますので、水分補給は心がけるようにしましょう。

◆きっちり3食摂る

朝食を抜いたりせずしっかり食べるようにしましょう。ご飯はエネルギーとなりますし、栄養のあるバランスのとれた食事を心がけ、疲労回復に効果のある豚肉やねぎ、山芋など高エネルギー、高ビタミンの食材を取り入れましょう。

◆適度な運動

適度な運動は生活にリズムをつけてくれます。そして自律神経の働きを整えてくれる効果もありますのでウォーキングやストレッチなどで体を動かすようにしましょう。

◆お風呂に浸かってリラックス

夏場はどうしてもシャワーだけでお風呂を済ませがちですが、夏だからこそゆっくりとお湯に浸かって心身ともにリラックスさせ一日の疲れをとってあげましょう。疲労回復にもなりますし、心と体のリラックスがとても大切です。ぬるめのお湯にゆっくり入ることで、リラックス効果が得られます。


まとめ

「これは夏バテかも?」と思った時には、市販のビタミンB1・B6・B12が配合されているビタミン剤などを早めに服用し、疲労回復に一役かってもらうのも良いです。

以前夏バテを経験し「同じ症状にはなりたくない!」という思いから、疲れが溜まってきた・疲れが取れないと感じた時にはビタミン剤を服用するようにしています。
夏だからといって仕事量が減るわけでも、休みが取れるわけでもありませんので暑さとは上手に付き合わなければなりません。このビタミン剤のおかげと、睡眠時間の確保でだいぶ違いが感じられます。

一つの不調からどんどん悪循環となってしまいますので、夏は特に体調には気を遣い夏バテ防止をしていきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です