ほおずき市とは?由来は?どのような意味があるの?

夏の訪れを告げるほおずき市。
ホオズキの開花する時期に合わせて行われるほおずき市は、浅草で行われているイメージがとても強いですが、浅草寺だけでなく下町の各所で行われています。

そもそもこのほおずき市とはどのような由来で始まったものなのでしょうか?

今回はほおずき市にについてお話させて頂きます。

スポンサードリンク



ほおずき市ってなに?

ほおずき市とは各お寺の境内にほおづきの鉢植えが並べられ売られます。

例えば浅草の境内ならば約100軒のほおづきの露天で賑わい、朝8時から夜21時まで開かれます。7月9日、10日の2日間に行われますがこの2日間で約60万人と多くの人が訪れる催しとなります。

ほおずき市で売られる鉢植えは、2日間合わせて10万鉢ほど売られるそうですよ。

ほおずき市の時期はちょうど梅雨明けの時期でもありますので、鉢植えに風鈴がつけられ涼しげに鳴ることから「夏の風物詩」とも言われています。

ほおずき市の由来とは?

毎月18日は観音様とご縁のある日とされており、この日を「縁日」と呼んでいました。この縁日に参拝すると、より多くのご利益が得られると伝えられてきました。
この「18日」とは観音菩薩の縁日とされています。

室町時代以降には「功徳日」(くどくび)と呼ばれる縁日が新たに定められ、この日に参拝した場合には一度の参拝で百日分や千日分のご利益を得られるとされていました。

この功徳日の中でも最もご利益が多いとされているのが、7月10日です。この日は千日分のご利益が得られるとされ「千日詣」(せんにちまいり)と呼ばれていました。浅草寺では1716年頃より「四万六千日」(しまんろくせんにち)と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分に相当すると言われています。

もともとほおづき市は愛宕神社(あたごじんじゃ)で縁日に開かれていたものが発祥となっているそうです。その当時ほおずきは薬草として重宝されていたので、愛宕神社での千日参りのお土産として、家族にほおずきを買って帰っていたんだそうです。

浅草寺でほおずきが売られるようになったきっかけは、源頼朝から始まったという説があります。

奥州征伐から引き上げる際に軍勢を休ませていたところ、日射病でぐったりしている兵士がいたので元気づけようとほおづきの赤い実を食べさせた事が始まりと言われています。

ほおづき市の日に参拝に行くと一度の参拝で46,000日分のご利益が得られるなんて知れば、これは行かなきゃ!と思っていしまいますよね。


浅草寺ほおずき市はいつ行われるの?

ほおずき市は毎年7月9日、10日と決まっています。
7月10日功徳日の中でも最もご利益の得られるとされる四万六千日にあたるためです。なぜ九日も含まれるのかというと、「一番乗りでお参りしたい!」という気持ちから九日に来る方がいるので九日と投下が四万六千日にあたるとされるようになりました。

一度の参拝で46,000日分ですから、それの一番乗りになりたいという気持ちは分からなくもないですよね。一番乗りなんて何だか縁起も良いですし。


まとめ

ほおずき市で売られている鉢植えは風鈴が一つ飾ってあると約2,500円程となっています。10日の夕方以降に行くと値引きされ安く買える事もあるそうですよ。

ほおずきの実のつき方など好みのほおずきを探したいという方は、9日の早めの時間に行けばまだたくさんある時なので選ぶことができます。

ちなみにほおずき市の2日間だけ雷除の御札が授与されます。これは江戸時代に赤トウモロコシを吊るしていた農家だけが落雷を免れたという事からトウモロコシを販売していました。しかし明治初年にはトウモロコシが不作だった為、出店が出せなかったことから御札となったそうですよ。

今年の7月9日・10日には浅草寺で参拝し、たくさんのご利益とともに夏の風物詩ほおずきを楽しんでみてはいかがでしょうか。古くから伝わる江戸の夏の風物詩を味わうのも風流ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です