名刺交換の渡し方と受け取り方のマナー。

ビジネスの場面で挨拶の際に必ず行う名刺交換。

あなたはスムーズに出来ますか?

今回は、名刺交換の際に知っておきたい基本的なマナーについて。
意外と知らない名刺交換のマナーを覚えておくと、取引先の方などと名刺交換をした際に良い印象を与えます。

美しい名刺交換をしスムーズに仕事がこなせるように覚えておきましょう。

スポンサードリンク

名刺の役割を知っておこう!

名刺は自分の最も基本的な情報を相手に伝えるためのビジネスツールです。会社名・部署・名前など名刺交換をすることで相手の基本的な情報が一度に分かりますので、スムーズにに本題に入ることができます。貰った相手からすると名刺が「小さな会社案内」の変わりにもなり、情報提供だけではなく相手に興味を持たせるツールともなりえます。ある時には名刺はその会社や人の分身となるという事ですね。

どの人にも一度見たら分かりやすい・読みやすいという事が大切ですので、読みにくい名前や漢字の場合はふりがなをふるなどの気配りも大切です。

そして名刺は人脈のきっかけを作るアイテムともなりますので、人の集まる場や勉強会などには必ず持参し積極的に名刺交換をしましょう。




名刺交換の仕方

では実際に名刺交換をする際ですが、基本は目下の人が目上の人に先に名刺を指し出します。
この目上・目下というのはビジネスシーンですから、お願いされているまたはお金を出す人が目上、お願いしているまたはお金を受け取る人が目下となります。

営業活動での名刺交換は常に自分から行うということになります。

また、営業活動以外の場合ですと地位の高さや訪問している側かされている側かで見極めるといいでしょう。

では名刺交換の際の知っておきたいマナーをポイントで見てみましょう。

◆名刺を渡すとき

・折れ曲がっていたり汚れている名刺は渡さない
・ポケット、財布などから直接に出さない
・相手が複数の場合は、高い役職の人から渡す
・テーブル越しに渡さない
・相手が差し出した高さより低い位置で両手で差し出す
・相手が読みやすいように向きを変える

名刺を交換するときは、必ず立って行いますがこの時に交換しやすい位置に立つことがポイントです。そしてテーブルを挟んで行うことがないように相手の方へ回り名刺を渡しやすいちょうど良い距離をはかり名刺交換を行いましょう。

そして相手が見やすいように向きを変えますが、名前や会社名、ロゴ等が隠れないように持つようにしましょう。

もし相手の方(目上の方)から先に名刺を渡されてしまった場合には、「申し遅れました」と一言添えすぐに名刺を差し出しましょう。この時相手の名刺より低い位置で出すようにします。



◆名刺を受け取るとき

・目上の相手より先に受け取らない
・両手で受け取る
・相手の会社名や名前の上に指を置いて受け取らない

名刺を受け取る際には必ず「頂戴します」と一言を添えて受け取りましょう。この時会社名やロゴ、名前などに指がかからないように注意します。

受け取ったあとも自分の胸の位置よりも下に下げないようにし、名前などを確認する際も胸の位置より上で見るようにします。



◆名刺を受け取ったあと

・受け取った名刺は名刺入れの上に置き、着席したあとに机の上に乗せる
・いただいた名刺を置く位置は自分から見て左側
・複数の方と名刺交換をした場合、名刺は着席順に並べる(この時名刺入れの上に置くのは立場の高い人のもの)
・先方の名刺を汚さない(何か書き込んだりメモをするのはNG)

名刺を受け取ったあとにすぐにしまってしまう事や、机の上に置くのは失礼にあたりますので、一度その場で名刺を見るようにしましょう。この時に相手の名前を復唱するなどし確認しておくことも良いでしょう。読み方などが分からなければこの時点で確認しておきましょう。

以上が名刺交換の際に覚えておきたいポイントです。
目上の方と名刺交換をする際には謙虚さを示すことが大切です。


名刺は不足しないように・もし足りなくなってしまったら?

名刺交換は緊張する場面でもありますが、この時間は今後の人脈やビジネスにとっても大切な瞬間です。そんな時に「あ!名刺がない!」なんて事になったら困りますよね。

常に不足しないように予備の名刺を用意しておくことは当然です。

しかし万が一不足してしまった場合ですが、「申し訳ございません。いま名刺をきらしておりまして」と素直にお詫びの言葉を伝えましょう。相手が名刺を差し出してきた際には「社名・部署名・氏名」を口頭で伝え、次に会う際に必ず名刺を渡すようにします。

これは万が一の時です。
基本的にはこのようなことがないように、常に余裕をもち用意しておくことと、出張などの場合には多めに持っていくなど不足しないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
美しい名刺交換をすることで相手に好印象を与え、更にビジネスもスムーズに運びます。

初めて名刺交換をする方も、改めて見直す方も美しい名刺交換を行いたいですね。

細かい部分での決まりごとも多く感じますが、名刺はビジネスマンにとっては大切なものですので正しい名刺交換ができるように覚えておくのも良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です