梅雨時期の布団はカビ・ダニの宝庫!?原因と対策は?

梅雨時期に限らずともお布団のカビやダニには敏感になりますよね。
一日の疲れを開放し体を休める場所として、快適なスペースにしておきたいお布団。

梅雨時期にはどうしてもジメジメした湿気のせいで湿っていたり、更に雨や曇りという気候ばかりでなかなか干せなかったり…

そこで気になってくるのが布団に潜むダニや、カビ!

今日はお布団の湿気対策
カビ・ダニ対策についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

カビやダニが繁殖しやすいのはなぜ?

梅雨時期は気候もじめっとしますし夏に向けて暑く寝苦しい日もあります。寝ている時に汗もかくのに、梅雨の湿気で余計に布団のジメジメが気になるところ。

大人でも汗をかきますが子供は特に新陳代謝が活発なので、寝ている間にたくさん汗をかきます。たくさん汗をかいたお布団を敷きっぱなしにしているとダニやカビが繁殖する原因となってしまいます。

特に梅雨時期はカビやダニが喜ぶ湿度と温度なので、より繁殖しやすくなっています。更にお布団にはカビ・ダニの栄養分になるものがたくさんなのでこの時期は特に清潔にしておきたいですよね。


湿気対策と干す時に気をつけることは?

直接床に布団を敷いている場合ですが、敷きっぱなしにするのはNGです。必ず床に敷きっぱなしにせずにちゃんとしまうようにしましょう。
常に敷いている状態にしているとダニやカビの餌食になってしまいますので、布団はしまい窓を開けて換気するなどしましょう。

ベッドの場合ですが敷き布団とは違い干したりかけたり出来ませんので、シーツはこまめに替え常に清潔な状態を保つようにしましょう。そしてベッドと壁には隙間を作り、ベッドの下には物を置かないようにします。空気の通り道を作ってあげることが大事です。

布団を干す場合ですが、地面が乾燥していて風が吹いている日の湿度の下がる10時以降に天日干ししましょう。雨の降った次の日などは地面の水分が蒸発しますので、湿気が上がってきます。そこにお布団を干してしまうと湿気を吸い込んでしまいますので、地面の湿気がないことを確認してから干すようにしましょう。

一部だけ太陽に当てるのではなく、表・裏まんべんなく日に当てるようにすることもポイントです。


湿気をためないコツとは?

床や畳などに直接お布団を敷いている場合は、床のと布団の間に湿気が溜まりやすくなっています。ひと工夫で床とお布団の間に布団用すのこを敷き、湿気が溜まらないようにするのも良いです。特にお子さんなどのようによく汗をかく布団の下には布団用すのこは効果的です。ちなみにすのこにも天日干しが必要になります。

敷き布団・ベッドにも効果的なのは汗取りパッドを使用することです。最近では様々な商品が出てきていますが、汗取りパッドは布団に湿気が届く手前で吸い取ってくれますのでお布団に湿気が溜まりにくくなりますよ。

パッドタイプなら薄いので日干しもしやすく、床に触れない程度の高さで風にさらしておくだけで良いので扱いやすいです。


まとめ

皆がゆっくり休めるように快適な場所にしてあげたいですね。ちょっとしたひと工夫で湿気対策が可能ですので、湿気を溜めないようにしてダニやカビを追い払いましょう。

なかなか外に干せない場合など布団乾燥機を使用するのも良いですよ。我が家では布団乾燥機を使用していますが、使用した日はふっくらしたお布団で寝ることができて気持ち良いですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です